HOME | トップインタビュー | 株式会社ヨネザワ

株式会社ヨネザワ

お客さまの“よく見える”をサポート

─メガネ業界の状況をどうご覧でしょうか。

米澤 全体的にコロナ禍の影響による売り上げ減少はないようですが、低価格路線をとる企業は多いと思います。ただその一方で、安全・安心を追求されるお客さまは少なくありません。そうしたお客さまは、最適な〝見え心地〟を求めて店を選び来店されます。そこで当店では、細やかな視力測定・調整によってレンズを決め、レンズの特性を生かせるフレームを提案します。眼鏡は最適なレンズとフレームを組み合わせ、加工して出来上がりますので、フレームやレンズは、あくまでも材料であり部品です。それらを加工し、出来上がった眼鏡をフィッティングする人の技術が大切になります。さらにお買い上げ後のアフターケアも重要です。そのため、メガネ専門店の担当者には、眼鏡選びからアフターケアまでを見据えたプロフェッショナルの自覚と能力が必要だと考えています。

─視力に合った眼鏡選びを大切にされています。

米澤 コロナ禍においては自宅で過ごす時間が増えたことで、スマートフォンやタブレットを使う子どもの近視が問題となっています。当店にも子どもの視力に不安を覚える保護者が多く相談に来られます。成長期の子どもの目は特に敏感なので、眼科医に相談されることをお勧めしています。視力に合わない度数のメガネを掛け続ければ、目に負担がかかります。ですから保護者の方は、ぜひ「なぜ眼鏡が必要か」を購入前によく考えていただきたいですね。また眼鏡は、使用を続けている間にずれ、ゆがみなどによる不具合が生じるので、月に一度の〝お手入れ〟が必要です。それは眼鏡に限らず、補聴器、コンタクトレンズも同じです。メガネ専門店には、お客さまの視力、ライフスタイル、職業などに適応した眼鏡を提案する知識・経験・能力が求められています。海外では、そのための資格制度が普及していて、日本ではやっと昨年、「眼鏡作製技能士」の国家検定試験がスタートしました。当社では160人が合格し、眼鏡のスペシャリストとして各店に配置しています。それは、当社の経営理念である「お客さまの豊かなビジュアルライフの実現に貢献する」を実践した結果です。

─今年の抱負をお聞かせください。

米澤 現在、九州を中心に北は宮城県仙台市まで約200店舗を展開しています。今年は眼鏡作製技能士資格取得者を全店で増やし、お客さまの〝よく見える〟をサポートできる企業にして、メガネ業界の手本になれるよう頑張っていきます。
 

ヨネザワ本店

代表取締役社長 米澤 房朝氏

お客さまの“よく見える”をサポート

─メガネ業界の状況をどうご覧でしょうか。

米澤 全体的にコロナ禍の影響による売り上げ減少はないようですが、低価格路線をとる企業は多いと思います。ただその一方で、安全・安心を追求されるお客さまは少なくありません。そうしたお客さまは、最適な〝見え心地〟を求めて店を選び来店されます。そこで当店では、細やかな視力測定・調整によってレンズを決め、レンズの特性を生かせるフレームを提案します。眼鏡は最適なレンズとフレームを組み合わせ、加工して出来上がりますので、フレームやレンズは、あくまでも材料であり部品です。それらを加工し、出来上がった眼鏡をフィッティングする人の技術が大切になります。さらにお買い上げ後のアフターケアも重要です。そのため、メガネ専門店の担当者には、眼鏡選びからアフターケアまでを見据えたプロフェッショナルの自覚と能力が必要だと考えています。

─視力に合った眼鏡選びを大切にされています。

米澤 コロナ禍においては自宅で過ごす時間が増えたことで、スマートフォンやタブレットを使う子どもの近視が問題となっています。当店にも子どもの視力に不安を覚える保護者が多く相談に来られます。成長期の子どもの目は特に敏感なので、眼科医に相談されることをお勧めしています。視力に合わない度数のメガネを掛け続ければ、目に負担がかかります。ですから保護者の方は、ぜひ「なぜ眼鏡が必要か」を購入前によく考えていただきたいですね。また眼鏡は、使用を続けている間にずれ、ゆがみなどによる不具合が生じるので、月に一度の〝お手入れ〟が必要です。それは眼鏡に限らず、補聴器、コンタクトレンズも同じです。メガネ専門店には、お客さまの視力、ライフスタイル、職業などに適応した眼鏡を提案する知識・経験・能力が求められています。海外では、そのための資格制度が普及していて、日本ではやっと昨年、「眼鏡作製技能士」の国家検定試験がスタートしました。当社では160人が合格し、眼鏡のスペシャリストとして各店に配置しています。それは、当社の経営理念である「お客さまの豊かなビジュアルライフの実現に貢献する」を実践した結果です。

 
代表取締役社長 米澤 房朝氏

 
─今年の抱負をお聞かせください。

米澤 現在、九州を中心に北は宮城県仙台市まで約200店舗を展開しています。今年は眼鏡作製技能士資格取得者を全店で増やし、お客さまの〝よく見える〟をサポートできる企業にして、メガネ業界の手本になれるよう頑張っていきます。
 

ヨネザワ本店

Data

概要

所 在 地

〒862-0950 熊本市中央区水前寺6丁目1-38
【電話】096(383)5111

設   立

昭和49年5月22日

事業内容

メガネ、コンタクトレンズ、補聴器、福祉機器、光学機器、その他関連商品の販売

資 本 金

9,064万円

従 業 員

995人(男605人、女390人)

店 舗 数

211店舗

関連会社

(株)ドゥ.ヨネザワ

ホームページ

https://www.yonezawa-web.co.jp/