HOME | トップインタビュー | 東海大学(経営学部・基盤工学部・農学部)

東海大学(経営学部・基盤工学部・農学部)

文理融合学部新設、新たな東海大へ

─建学80周年を機に大規模な大学改組改編が行われ、熊本キャンパスに新学部が誕生します。

荒木 熊本キャンパスでは、これまでの経営学部と基盤工学部を4月から文理融合学部とし経営学科、地域社会学科、人間情報工学科を新設します。経営学科(定員130人)では企業経営、スポーツビジネス、アグリビジネスについて学びます。地域社会学科(定員100人)では心理・広報メディアや地域観光を学び、地域づくりに貢献できる人材を目指します。人間情報工学科(定員70人)では、コンピューターの仕組みやプログラミングなどの情報工学、人間環境、臨床工学技士に必要とされる知識と技術を学びます。本学のような大規模校が全学を挙げて改組を行うのは、日本の教育史上初の試みではないでしょうか。建学80年となる今年、東海大学の創設者のふるさとである熊本に、建学理念に基づいた文理融合学部が新設されることは大変意義深いことだと感じています。

─来年4月には、広大な敷地を生かした「阿蘇くまもと臨空校舎」が開設すると聞きました。

荒木 阿蘇くまもと空港に隣接する校舎は敷地が11ヘクタール。座学と実習を同じ校舎で行う「一体型キャンパス」であり圃場実習機能を兼ね備えた広大な施設で全国的にも類のない学びやです。圃場では、すでに学生たちが機能性食品として注目されるヒマワリから食物油を抽出する研究などを進めています。昨年7月には、熊本大大学院の2つの研究センターと本学総合農学研究所が協定を締結しました。同時期には新しい空港ターミナルビルも完成し、国際化に拍車がかかるでしょう。私たちも農学部が主宰する国際シンポジウムなどを計画しており、本学生だけでなく地元の高校生たちにも世界へ向けた成果発表の場を設けたいと考えています。

─今年の抱負をお聞かせください。

荒木 今年は新たな東海大スタートの年。全学的な改組改編による学生の満足度向上はもちろん、教育機関として新しい社会の仕組みに合わせた変革が求められます。その準備段階として昨年から着手しているのが、学部を分野別・地域別にまとめ運営、決裁を行うカレッジ制です。迅速かつ専門性を高めた運営が軌道に乗れば、大学そのものが大きく変わることでしょう。大学の使命とされるのは「教育」「研究」「地域貢献」。中でも農業県・熊本に立地する九州キャンパスでは、全世界に向け"アグリ"をキーワードとしたさまざまな情報を発信しながら地域貢献に全力を尽くしていきます。
 

東海大学阿蘇くまもと臨空校舎完成イメージパース
九州キャンパス長 荒木 朋洋氏

文理融合学部新設、新たな東海大へ

─建学80周年を機に大規模な大学改組改編が行われ、熊本キャンパスに新学部が誕生します。

荒木 熊本キャンパスでは、これまでの経営学部と基盤工学部を4月から文理融合学部とし経営学科、地域社会学科、人間情報工学科を新設します。経営学科(定員130人)では企業経営、スポーツビジネス、アグリビジネスについて学びます。地域社会学科(定員100人)では心理・広報メディアや地域観光を学び、地域づくりに貢献できる人材を目指します。人間情報工学科(定員70人)では、コンピューターの仕組みやプログラミングなどの情報工学、人間環境、臨床工学技士に必要とされる知識と技術を学びます。本学のような大規模校が全学を挙げて改組を行うのは、日本の教育史上初の試みではないでしょうか。建学80年となる今年、東海大学の創設者のふるさとである熊本に、建学理念に基づいた文理融合学部が新設されることは大変意義深いことだと感じています。

─来年4月には、広大な敷地を生かした「阿蘇くまもと臨空校舎」が開設すると聞きました。
 

九州キャンパス長 荒木 朋洋氏


荒木 阿蘇くまもと空港に隣接する校舎は敷地が11ヘクタール。座学と実習を同じ校舎で行う「一体型キャンパス」であり圃場実習機能を兼ね備えた広大な施設で全国的にも類のない学びやです。圃場では、すでに学生たちが機能性食品として注目されるヒマワリから食物油を抽出する研究などを進めています。昨年7月には、熊本大大学院の2つの研究センターと本学総合農学研究所が協定を締結しました。同時期には新しい空港ターミナルビルも完成し、国際化に拍車がかかるでしょう。私たちも農学部が主宰する国際シンポジウムなどを計画しており、本学生だけでなく地元の高校生たちにも世界へ向けた成果発表の場を設けたいと考えています。

─今年の抱負をお聞かせください。

荒木 今年は新たな東海大スタートの年。全学的な改組改編による学生の満足度向上はもちろん、教育機関として新しい社会の仕組みに合わせた変革が求められます。その準備段階として昨年から着手しているのが、学部を分野別・地域別にまとめ運営、決裁を行うカレッジ制です。迅速かつ専門性を高めた運営が軌道に乗れば、大学そのものが大きく変わることでしょう。大学の使命とされるのは「教育」「研究」「地域貢献」。中でも農業県・熊本に立地する九州キャンパスでは、全世界に向け"アグリ"をキーワードとしたさまざまな情報を発信しながら地域貢献に全力を尽くしていきます。
 

東海大学阿蘇くまもと臨空校舎完成イメージパース

Data

概要

熊本キャンパス所在地

〒862-8652 熊本市東区渡鹿9-1-1
【電話】096(382)1141

経営学部/経営学科・観光ビジネス学科

基盤工学部/電気電子情報工学科・医療福祉工学科

農学部/応用植物科学科・応用動物科学科・バイオサイエンス学科

※農学部・農学研究科の教育研究については「阿蘇くまもと臨空校舎」(2023年4月開設予定)「熊本校舎」「阿蘇実習フィールド」にて充実を図ります。

大 学 院

農学研究科 修士課程
生物科学研究科 博士課程

ホームページ

https://www.u-tokai.ac.jp/