HOME | トップインタビュー | 株式会社鶴屋百貨店

株式会社鶴屋百貨店

創業70周年に大型催事・改装を展開

─今年は創業70周年を迎えられます。

福岡 お客さまへの感謝を込め、さまざまな企画を考えています。一つ目の柱として、長年お付き合いのある取引先からそれぞれ特別感のある商品をご提案いただく予定です。例えば駅弁大会では、久しぶりに「峠の釜めし」の出店が決まりました。随所で特別な商品を提供しますので、年間を通してお楽しみいただきたいと思います。また、もう一つの柱として大型の文化催事を計画しています。4月の「全国都市緑化くまもとフェア くまもと花とみどりの博覧会」期間中に「日本いけばな芸術祭九州展」を開催し、6月には熊本が生んだ日本画家「堅山南風展」を熊日と共催します。県や市が所蔵する絵画もお借りし、一挙に見ていただけるよう準備を進めています。このほか、スペシャルなツアーも考えています。7月の全英オープンゴルフはゴルフの聖地といわれるセント・アンドリュース・リンクスのオールドコースで行われますが、試合を観戦し、同じコースでプレーできる旅行を企画しています。

─わくわくする企画がめじろ押しですね。

福岡 毎年のイタリア展、フランス展に加え、今年は英国フェアも秋に計画していますし、館内のリニューアルも進めます。本館2階婦人服売場の改装は昨年に続くもので、20〜30代の女性向けファッションの強化を図っていきます。New-S館では地下1階のワンフロアを使い、キャンプなどのアウトドアとライフスタイルを融合した、スポーツ用品大手アルペンのセレクトショップ「アルペンアウトドアーズ」を4月に展開予定です。ここではアウトドア業界でネームバリューのあるブランドのショップインショップも計画中ですので、ご期待ください。

─春には大きな変化が見られそうですね。今年の抱負をお聞かせください。

福岡 70周年を機にコロナ禍から脱却すべく、攻めていきます。そのために大事なのは、発想力と創造力と実行力。これが会社全体のテーマだと考えています。特に新しいことを発想する力を社員に求めています。我々には長く流通業界に携わってきたという自負があります。百貨店は消費文化の中でトップの仕事ができる夢のある仕事。若い社員には失敗を恐れず、やりたいと思うことをやらせたいですね。そして、百貨店の楽しさを再発見できる企業風土にしていきたいと思います。先輩たちから受け継いできた鶴屋百貨店のDNA—常に社員と共にあり、お取引先などパートナーを大切にする社風—を皆で再確認し、新たなチャレンジをしていきます。
 

代表取締役社長 福岡 哲生氏

創業70周年に大型催事・改装を展開

─今年は創業70周年を迎えられます。

福岡 お客さまへの感謝を込め、さまざまな企画を考えています。一つ目の柱として、長年お付き合いのある取引先からそれぞれ特別感のある商品をご提案いただく予定です。例えば駅弁大会では、久しぶりに「峠の釜めし」の出店が決まりました。随所で特別な商品を提供しますので、年間を通してお楽しみいただきたいと思います。また、もう一つの柱として大型の文化催事を計画しています。4月の「全国都市緑化くまもとフェア くまもと花とみどりの博覧会」期間中に「日本いけばな芸術祭九州展」を開催し、6月には熊本が生んだ日本画家「堅山南風展」を熊日と共催します。県や市が所蔵する絵画もお借りし、一挙に見ていただけるよう準備を進めています。このほか、スペシャルなツアーも考えています。7月の全英オープンゴルフはゴルフの聖地といわれるセント・アンドリュース・リンクスのオールドコースで行われますが、試合を観戦し、同じコースでプレーできる旅行を企画しています。

─わくわくする企画がめじろ押しですね。

福岡 毎年のイタリア展、フランス展に加え、今年は英国フェアも秋に計画していますし、館内のリニューアルも進めます。本館2階婦人服売場の改装は昨年に続くもので、20〜30代の女性向けファッションの強化を図っていきます。New-S館では地下1階のワンフロアを使い、キャンプなどのアウトドアとライフスタイルを融合した、スポーツ用品大手アルペンのセレクトショップ「アルペンアウトドアーズ」を4月に展開予定です。ここではアウトドア業界でネームバリューのあるブランドのショップインショップも計画中ですので、ご期待ください。

 
代表取締役社長 福岡 哲生氏


─春には大きな変化が見られそうですね。今年の抱負をお聞かせください。

福岡 70周年を機にコロナ禍から脱却すべく、攻めていきます。そのために大事なのは、発想力と創造力と実行力。これが会社全体のテーマだと考えています。特に新しいことを発想する力を社員に求めています。我々には長く流通業界に携わってきたという自負があります。百貨店は消費文化の中でトップの仕事ができる夢のある仕事。若い社員には失敗を恐れず、やりたいと思うことをやらせたいですね。そして、百貨店の楽しさを再発見できる企業風土にしていきたいと思います。先輩たちから受け継いできた鶴屋百貨店のDNA—常に社員と共にあり、お取引先などパートナーを大切にする社風—を皆で再確認し、新たなチャレンジをしていきます。
 

Data

概要

所 在 地

〒860-8586 熊本市中央区手取本町6-1
【電話】096(356)2111

事業内容

百貨店業

設   立

昭和26年2月(開店:昭和27年6月)

資 本 金

1億円

従業員数

586人(2021年10月時点)

店舗・出張所

ウイング館、New-S、八代店、人吉店、水俣店、日赤店、大津店、天草店、玉名出張所、桜十字病院売店

関連事業

鶴屋フーディワン、レストラン事業、(株)鶴屋友の会、甘夏ローヤル(株)、(株)熊本観光バス、ほか

ホームページ

https://www.tsuruya-dept.co.jp/