HOME | トップインタビュー | 株式会社TMビル

株式会社TMビル

コロナ後見据え新たな展開を模索

─テナントビルを運営されています。コロナ禍の影響は大きかったのでは。

松尾 一言で表現すると我慢の2年間でした。当社では熊本をはじめ福岡や鹿児島、北海道、大阪、岡山、広島、沖縄の都市部で30棟以上のテナントビルを所有しています。コロナ禍で飲食業を中心に店舗撤退が続き、昨年の春ごろは入居率が全体で77%まで落ち込みましたが、その後は持ち直し、今では88%まで回復しています。採算面ではビルを取得する際に利回りに余裕を持たせており、それが功を奏して採算分岐点を下回るような事態にはなりませんでした。入居率があまり下がらず短期間で回復できたのは、社員が全国を回って管理会社とコミュニケーションを図り、ともに営業してくれたおかげです。コロナ禍の状況にもよりますが、春ごろには入居率は95%程度まで上がるのではないかと予想しています。また繁華街のにぎわいについては、昨年秋から福岡や広島をはじめ大都市圏でコロナ禍以前に近いぐらいに活気が戻りつつあります。福岡にはビルを7棟所有していますが、入居率は現在100%です。一方で熊本や鹿児島、岡山は元気が足りないように感じています。熊本の“街なか”はまだ夜の人出が少なく、大通りでもシャッターが閉まっている路面店を見掛けますので、早く活気を取り戻してほしいですね。私たちもビル事業を通して街なかの活性化、にぎわい創出に貢献していきます。

─今後のビル事業の動向をどう見ますか。

松尾 緊急事態宣言やまん延防止等重点措置による飲食店の休業・営業時間短縮要請が出されていた間は補助金が支給されており、小規模店では特にそうした支援制度のおかげで持ちこたえていた面がありました。飲食店への補助金がなくなることは、ビルオーナーにとっても大きな影響を及ぼす可能性があります。飲食店もビルオーナーもこれからが本当の勝負。「店が再開できた」と喜んでいる場合ではありません。努力したところしか生き残れない時代に突入すると見ています。

─今後の取り組みは。

松尾 現在、北海道札幌市すすきのエリアにあるテナントビルの敷地内に新棟を建てる計画を進めています。実際に着工するのは雪解け後になる予定で、すでに入居者のめども立っています。この2年間はビルの取得がありませんでしたが、今後は売買の動きが活発化するでしょう。優良物件が出たらぜひ取得したいですね。将来的には福岡事務所を構える構想も持っています。
 

TMビル本社
代表取締役社長 松尾 俊昭氏

コロナ後見据え新たな展開を模索

─テナントビルを運営されています。コロナ禍の影響は大きかったのでは。

松尾 一言で表現すると我慢の2年間でした。当社では熊本をはじめ福岡や鹿児島、北海道、大阪、岡山、広島、沖縄の都市部で30棟以上のテナントビルを所有しています。コロナ禍で飲食業を中心に店舗撤退が続き、昨年の春ごろは入居率が全体で77%まで落ち込みましたが、その後は持ち直し、今では88%まで回復しています。採算面ではビルを取得する際に利回りに余裕を持たせており、それが功を奏して採算分岐点を下回るような事態にはなりませんでした。入居率があまり下がらず短期間で回復できたのは、社員が全国を回って管理会社とコミュニケーションを図り、ともに営業してくれたおかげです。コロナ禍の状況にもよりますが、春ごろには入居率は95%程度まで上がるのではないかと予想しています。また繁華街のにぎわいについては、昨年秋から福岡や広島をはじめ大都市圏でコロナ禍以前に近いぐらいに活気が戻りつつあります。福岡にはビルを7棟所有していますが、入居率は現在100%です。一方で熊本や鹿児島、岡山は元気が足りないように感じています。熊本の“街なか”はまだ夜の人出が少なく、大通りでもシャッターが閉まっている路面店を見掛けますので、早く活気を取り戻してほしいですね。私たちもビル事業を通して街なかの活性化、にぎわい創出に貢献していきます。

─今後のビル事業の動向をどう見ますか。

松尾 緊急事態宣言やまん延防止等重点措置による飲食店の休業・営業時間短縮要請が出されていた間は補助金が支給されており、小規模店では特にそうした支援制度のおかげで持ちこたえていた面がありました。飲食店への補助金がなくなることは、ビルオーナーにとっても大きな影響を及ぼす可能性があります。飲食店もビルオーナーもこれからが本当の勝負。「店が再開できた」と喜んでいる場合ではありません。努力したところしか生き残れない時代に突入すると見ています。
 

代表取締役社長 松尾 俊昭氏


─今後の取り組みは。

松尾 現在、北海道札幌市すすきのエリアにあるテナントビルの敷地内に新棟を建てる計画を進めています。実際に着工するのは雪解け後になる予定で、すでに入居者のめども立っています。この2年間はビルの取得がありませんでしたが、今後は売買の動きが活発化するでしょう。優良物件が出たらぜひ取得したいですね。将来的には福岡事務所を構える構想も持っています。
 

TMビル本社

Data

概要

所 在 地

本社 〒860-0013 熊本市中央区通町37
大阪支店 〒542-0083 大阪市中央区東心斎橋2丁目1-4 TM14ビル

業務内容

不動産賃貸業(熊本13棟、福岡7棟、鹿児島1棟、岡山2棟、大阪3棟、札幌5棟、広島1棟、沖縄1棟)

設   立

平成5年12月24日

資 本 金

3,500万円