HOME | トップインタビュー | 株式会社SYSKEN

株式会社SYSKEN

構造改革でさらなる品質の向上へ

─昨年取り組まれたことをお聞かせください。

福元 昨年3月期連結決算は過去最高の売上高を記録しましたが、その後は大型受注案件の減少が予想されました。そのため当社の親会社コムシスホールディングス傘下のグループ会社である日本コムシスやサンワコムシスエンジニアリングなどとの作業領域の見直しを進め、当社の経営資源を九州エリアに集中することで経営の効率化を図りました。また全社的な取り組みとして、経営安定化を目指す「構造改革プロジェクト」を立ち上げました。30項目以上の多岐にわたる課題を掲げて検討を重ね、各部署が担当するそれぞれの業務品質の向上を目指しています。

─業務品質の向上のために具体的に取り組まれていることを教えてください。

福元 例えば従来はパートナー会社への設計図の発注は図面で行うのが一般的でしたが、昨年4月からは発注の際に映像を使うようにしました。映像にコメントを加えることで図面発注では伝わりにくい設計内容がよく分かるようになり、伝達品質が圧倒的に向上。「段取りも分かりやすくなった」とパートナー会社に好評です。以前は新人を育成するため、スマートフォンなどで撮影した現場の映像を指導に使うことはやってきましたが、今は現場のリモート映像を見てすぐに対処しなければならなくなり、業務処理スピードの向上とともに担当者の能力向上にも役立っています。今後は工事部門だけでなく、全社的に映像を取り入れた業務処理を積極的に進めていきたいと考えています。

─地域貢献にも積極的に取り組まれています。

福元 会社の利益のために社員が心をひとつにすることは大事ですが、どのような地域貢献が当社にできるかを社員が考えることも必要です。それにより社員の人間性も、より良い方向に向かうのではないかと思っています。豪雨災害の被災地域をはじめ、複数の自治体や福祉団体を対象に寄付や寄贈を実施しました。また昨年は、東京五輪・パラリンピックが開催されましたが、パラリンピックの県代表選手を応援しようと、県を通じて寄付をさせていただきました。

─今年の抱負をお聞かせください。

福元 コロナ禍は続いていますが、これを機会にみんなが知恵を出し合って、より良い世の中になっていくようにできたらと願っています。苦しかったことも後になってみればプラスに変わるような、そんな一年になることを期待したいですね。
 

松岡隼人人吉市長に寄付目録を渡す福元社長(右)
代表取締役社長 福元 秀典氏

構造改革でさらなる品質の向上へ

─昨年取り組まれたことをお聞かせください。

福元 昨年3月期連結決算は過去最高の売上高を記録しましたが、その後は大型受注案件の減少が予想されました。そのため当社の親会社コムシスホールディングス傘下のグループ会社である日本コムシスやサンワコムシスエンジニアリングなどとの作業領域の見直しを進め、当社の経営資源を九州エリアに集中することで経営の効率化を図りました。また全社的な取り組みとして、経営安定化を目指す「構造改革プロジェクト」を立ち上げました。30項目以上の多岐にわたる課題を掲げて検討を重ね、各部署が担当するそれぞれの業務品質の向上を目指しています。

─業務品質の向上のために具体的に取り組まれていることを教えてください。

福元 例えば従来はパートナー会社への設計図の発注は図面で行うのが一般的でしたが、昨年4月からは発注の際に映像を使うようにしました。映像にコメントを加えることで図面発注では伝わりにくい設計内容がよく分かるようになり、伝達品質が圧倒的に向上。「段取りも分かりやすくなった」とパートナー会社に好評です。以前は新人を育成するため、スマートフォンなどで撮影した現場の映像を指導に使うことはやってきましたが、今は現場のリモート映像を見てすぐに対処しなければならなくなり、業務処理スピードの向上とともに担当者の能力向上にも役立っています。今後は工事部門だけでなく、全社的に映像を取り入れた業務処理を積極的に進めていきたいと考えています。
 

代表取締役社長 福元 秀典氏


─地域貢献にも積極的に取り組まれています。

福元 会社の利益のために社員が心をひとつにすることは大事ですが、どのような地域貢献が当社にできるかを社員が考えることも必要です。それにより社員の人間性も、より良い方向に向かうのではないかと思っています。豪雨災害の被災地域をはじめ、複数の自治体や福祉団体を対象に寄付や寄贈を実施しました。また昨年は、東京五輪・パラリンピックが開催されましたが、パラリンピックの県代表選手を応援しようと、県を通じて寄付をさせていただきました。

─今年の抱負をお聞かせください。

福元 コロナ禍は続いていますが、これを機会にみんなが知恵を出し合って、より良い世の中になっていくようにできたらと願っています。苦しかったことも後になってみればプラスに変わるような、そんな一年になることを期待したいですね。
 

松岡隼人人吉市長に寄付目録を渡す福元社長(右)

Data

概要

所 在 地

〒860-0832 熊本市中央区萩原町14-45
【電話】096(285)1111

事業内容

電気通信工事業

設   立

昭和29年9月 

資 本 金

8億100万円 

役   員

代表取締役社長/福元秀典
取締役/村上一成、秋山順一郎、赤星昭典、大我毅志、井手尾敏彦、井上 浩、古川勝法、古堅一成

従業員数

584人

支社・支店

福岡、佐賀、熊本、大分、宮崎、鹿児島、関西

グループ会社

(株)Denzai、明正電設(株)、西部通信工業(株)、(株)システムニシツウ、(株)シスニック、河崎冷熱電機(株)、(株)アイレックス

ホームページ

https://www.sysken.co.jp/