HOME | トップインタビュー | サントリー株式会社 九州熊本工場

サントリー株式会社 九州熊本工場

生産開始から20年 さらに地域に貢献

─熊本工場の売り上げや生産状況について教えてください。

迫田 酒類業界全体では、2022年上半期に回復傾向が見られましたが、新型コロナウイルスの影響もあり、アルコール類の中でもビールの売り上げは落ちているのが現状です。酒税の改定やエネルギー費の高騰などを受けての価格改定の影響で消費の落ち込みも予想され、決して楽観できる状況ではないのが正直なところです。一方、「天然水 阿蘇」をはじめとした清涼飲料水はおかげさまで非常に好調です。サントリーの天然水の水源は全国に4つありますが、ミネラルウォーターとビールを同じ天然水で作っている工場は熊本だけです。今年7月には九州熊本工場が生産開始から20年の節目を迎えます。それに伴い、20周年記念プロジェクト「九州のしあわせと、ずっとご一緒してました」プロモーションの一環として、昨年7月、当工場で生産している「ザ・プレミアム・モルツ」の阿蘇デザイン缶を九州エリア限定で発売しました。阿蘇と明記することで、「熊本で製造しているビールなんだ」と広く知っていただくことにつながり、九州の他県でもご好評いただいています。また、昨年5月には工場見学を再開し、週末はご予約も埋まるなど徐々にお客さまのご来場が増えています。

─ビール市場の現状や、熊本における飲食店需要はいかがでしょうか。

迫田 昨年3月に赴任しましたが、熊本の中心街は週末の人の流れが多くなってきた印象を受けます。とはいえ、大人数での宴会などはまだまだ少ない状況です。樽生の製造ラインの稼働状況は、コロナ禍前の7割ぐらいまで回復してきました。そうした中で工場内で改めて問いかけているのは、「なんのために働いているのか」ということです。私どもは製品を作っているだけではなく、お客さまを笑顔にするために仕事をしているというトップからのメッセージもあり、自分たちの仕事に誇りを持つという意識を再認識しました。九州の皆さまのため、熊本の皆さまのために、喜んでいただける商品を作っていけたらという思いを強くしています。

─今年の展望をお聞かせください。

迫田 熊本県民の皆さま、地域の皆さまに受け入れていただいて20年目を迎えます。地域でもっと信頼され愛される存在となるために、天然水を守る森の活動など、今までの取り組みは継続しながら、次代を担う地域の子どもさんたちに向けた新たな取り組みにも、力を入れていきたいと思います。
 

サントリー(株)九州熊本工場
工場長 迫田伸一郎氏

生産開始から20年 さらに地域に貢献

─熊本工場の売り上げや生産状況について教えてください。

迫田 酒類業界全体では、2022年上半期に回復傾向が見られましたが、新型コロナウイルスの影響もあり、アルコール類の中でもビールの売り上げは落ちているのが現状です。酒税の改定やエネルギー費の高騰などを受けての価格改定の影響で消費の落ち込みも予想され、決して楽観できる状況ではないのが正直なところです。一方、「天然水 阿蘇」をはじめとした清涼飲料水はおかげさまで非常に好調です。サントリーの天然水の水源は全国に4つありますが、ミネラルウォーターとビールを同じ天然水で作っている工場は熊本だけです。今年7月には九州熊本工場が生産開始から20年の節目を迎えます。それに伴い、20周年記念プロジェクト「九州のしあわせと、ずっとご一緒してました」プロモーションの一環として、昨年7月、当工場で生産している「ザ・プレミアム・モルツ」の阿蘇デザイン缶を九州エリア限定で発売しました。阿蘇と明記することで、「熊本で製造しているビールなんだ」と広く知っていただくことにつながり、九州の他県でもご好評いただいています。また、昨年5月には工場見学を再開し、週末はご予約も埋まるなど徐々にお客さまのご来場が増えています。

─ビール市場の現状や、熊本における飲食店需要はいかがでしょうか。

迫田 昨年3月に赴任しましたが、熊本の中心街は週末の人の流れが多くなってきた印象を受けます。とはいえ、大人数での宴会などはまだまだ少ない状況です。樽生の製造ラインの稼働状況は、コロナ禍前の7割ぐらいまで回復してきました。そうした中で工場内で改めて問いかけているのは、「なんのために働いているのか」ということです。私どもは製品を作っているだけではなく、お客さまを笑顔にするために仕事をしているというトップからのメッセージもあり、自分たちの仕事に誇りを持つという意識を再認識しました。九州の皆さまのため、熊本の皆さまのために、喜んでいただける商品を作っていけたらという思いを強くしています。
 

工場長 迫田伸一郎氏

 
─今年の展望をお聞かせください。

迫田 熊本県民の皆さま、地域の皆さまに受け入れていただいて20年目を迎えます。地域でもっと信頼され愛される存在となるために、天然水を守る森の活動など、今までの取り組みは継続しながら、次代を担う地域の子どもさんたちに向けた新たな取り組みにも、力を入れていきたいと思います。
 

サントリー(株)九州熊本工場

Data

概要

本社所在地

〒135-8631 東京都港区台場2-3-3

事業内容

国内・海外のビール事業、スピリッツ事業、ワイン事業、及び、ビール類・スピリッツ・ワインなどの国内酒類販売

創   業

2022年

資 本 金

150億円

役   員

代表取締役社長/鳥井信宏

従業員数

約3,000人

関連会社

サントリーホールディングス(株)、サントリー食品インターナショナル(株)、サントリーフーズ(株)、サントリービバレッジソリューション(株)、サントリープロダクツ(株)、サントリーウエルネス(株) ほか

ホームページ

https://www.suntory.co.jp/