崇城大学

未来のテクノロジーに対応する教育

─キャンパスのデジタル化が進んでいるようです。

中山 本学では2012年度から学費を下げ、その差額で入学者全員がパソコンを購入できるようにして、BYOD(Bring Your Own Device=個人所有の端末の持ち込み利用)方式による情報活用教育に力を入れてきました。そのためコロナ禍でも比較的スムーズにオンライン授業ができました。2025年には大学共通テストに「情報」という新科目が加わります。数年後には文部科学省の「GIGAスクール構想」によるICT教育を受けたデジタルネイティブ世代の小学生が、大学に入学してくる時代になります。本学ではデジタル技術を駆使してより効果的な教育が実施できる、あらゆるネット環境を整えた「eキャンパス」に取り組み、さらに高度な情報リテラシー教育の一環としてデータサイエンス教育を実施します。昨年は文部科学省が推奨する「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度」の認定校に選ばれました。新たなテクノロジーに対応できる人材育成を目指し、データサイエンス教育の一層の充実を図りたいと思っています。

─DXの推進に大学を挙げて取り組まれています。

中山 EdTech(教育工学)が進み、大学の教育そのものについても大胆な改革が必要だと考えています。DXを推進する組織運営で学生一人一人が高度な教育を受け、将来の夢や目標と出合えるよう教職員がサポートし、人間力の高い人材の育成を目指していきます。

─生物生命学部と芸術学部に新しい学科とコースが誕生します。

中山 全ての学部においてデジタル化を推進することが重要になります。その一つの取り組みとして、本年4月に生物生命学部に「生物生命学科」が誕生します。情報科学と生命科学の双方からアプローチできる、医薬・食品・環境・エネルギー分野などで活躍するスペシャリストを育成します。また、芸術学部美術学科に新たに「アート・イラストレーションコース」と「3Dアートコース」を開設します。伝統的な日本画、洋画に加え、最新のデジタル技術を取り入れることにより立体的でリアルな表現が可能になり、フィギュア(立体模型)制作では骨格の動きを考え生かすことでリアリティが加わります。現実と仮想世界を融合するXR(仮想・拡張・複合現実)技術や、3Dモデリングなど、デジタルツールを駆使できる芸術家を育成したいと考えています。
 

理事長・学長 中山 峰男氏

未来のテクノロジーに対応する教育

─キャンパスのデジタル化が進んでいるようです。

中山 本学では2012年度から学費を下げ、その差額で入学者全員がパソコンを購入できるようにして、BYOD(Bring Your Own Device=個人所有の端末の持ち込み利用)方式による情報活用教育に力を入れてきました。そのためコロナ禍でも比較的スムーズにオンライン授業ができました。2025年には大学共通テストに「情報」という新科目が加わります。数年後には文部科学省の「GIGAスクール構想」によるICT教育を受けたデジタルネイティブ世代の小学生が、大学に入学してくる時代になります。本学ではデジタル技術を駆使してより効果的な教育が実施できる、あらゆるネット環境を整えた「eキャンパス」に取り組み、さらに高度な情報リテラシー教育の一環としてデータサイエンス教育を実施します。昨年は文部科学省が推奨する「数理・データサイエンス・AI教育プログラム認定制度」の認定校に選ばれました。新たなテクノロジーに対応できる人材育成を目指し、データサイエンス教育の一層の充実を図りたいと思っています。

─DXの推進に大学を挙げて取り組まれています。

中山 EdTech(教育工学)が進み、大学の教育そのものについても大胆な改革が必要だと考えています。DXを推進する組織運営で学生一人一人が高度な教育を受け、将来の夢や目標と出合えるよう教職員がサポートし、人間力の高い人材の育成を目指していきます。
 

理事長・学長 中山 峰男氏


─生物生命学部と芸術学部に新しい学科とコースが誕生します。

中山 全ての学部においてデジタル化を推進することが重要になります。その一つの取り組みとして、本年4月に生物生命学部に「生物生命学科」が誕生します。情報科学と生命科学の双方からアプローチできる、医薬・食品・環境・エネルギー分野などで活躍するスペシャリストを育成します。また、芸術学部美術学科に新たに「アート・イラストレーションコース」と「3Dアートコース」を開設します。伝統的な日本画、洋画に加え、最新のデジタル技術を取り入れることにより立体的でリアルな表現が可能になり、フィギュア(立体模型)制作では骨格の動きを考え生かすことでリアリティが加わります。現実と仮想世界を融合するXR(仮想・拡張・複合現実)技術や、3Dモデリングなど、デジタルツールを駆使できる芸術家を育成したいと考えています。
 

Data

概要

所 在 地

〒860-0082 熊本市西区池田4丁目22-1
【電話】096(326)3111

設   立

昭和24年4月電気・電波学校創設
昭和42年4月大学開学(旧熊本工業大学)

学園構成

【大学】
●工学部 機械工学科、ナノサイエンス学科、建築学科、宇宙航空システム工学科(宇宙航空システム専攻・航空整備学専攻・航空操縦学専攻)
●芸術学部 美術学科、デザイン学科
●情報学部 情報学科
●生物生命学部 応用微生物工学科、応用生命科学科
●薬学部 薬学科(6年制課程)
【大学院】
●大学院工学研究科
●大学院芸術研究科
●大学院薬学研究科

ホームページ

https://www.sojo-u.ac.jp/