HOME | トップインタビュー | 株式会社新星

株式会社新星

「次の50年」見据え、組織固めに注力

─昨年の業況を教えてください。

山本 当社は、総合設備業として電気工事、空調工事、給排水工事を手掛けています。昨年7月の決算は前期比微増でしたが、最近は円安や国際情勢の不安が影響して資材高騰と資材不足が続いており、工期遅れや利益の圧迫など業界全体が苦境に立たされています。昨年は春と秋の2回、資材の値上げが行われました。メーカーからは今年1月と4月に値上げするという連絡も届いており、値上げ率は平均25%程度に達するようです。資材不足では、特に半導体関連製品の納期遅れが目立っています。この厳しい状況は一企業の努力ではどうしようもありません。見積もりはコスト増を見越して設定しているものの、見積もり提出時と完工時では原価に大きなマイナス差額が生まれてしまうことが少なからずあります。当社では賃貸マンションや分譲マンション、テナントビルの設備工事を数多く請け負っていますが、資材高騰が続けば建設コストがかさんで採算が合わなくなり、新規需要が落ち込む可能性もあるでしょう。今期の業績については前期並みを見込んでいるものの、利益は不安定要素が多く予測は難しいですね。

─昨年、創業50周年を迎えられました。

山本 創業当時は第一次オイルショックの真っただ中で、苦労の連続でした。ようやく軌道に乗ったと実感できたのは、創業から20年ほどたった頃でしょうか。50年という節目を無事に迎えられたのは、取引先や地域の皆さまの長きにわたるご厚情とご支援のたまものと深く感謝しています。本来であれば、これまでお世話になった方々を招き、社員と共に祝う席を設けたかったところですが、コロナ禍などの状況もあって昨年は見合わせました。いずれか時期を見計らって、できれば記念イベントを実施したいと思っています。

─次の50年に向けて。

山本 私も年齢的に後進に道を譲る時期に差し掛かっています。創業者がいなくなっても会社が機能・維持できるよう、危機感を持って人材や後継者を育成し、組織固めにつなげたいと考えています。企業としての透明性も必要でしょう。特に後継者には、自らの人脈をしっかりと築いてもらいたいです。創業以来、会社の基本方針として「社員一同の和」「御取引先さまとの和」、景気・不景気に左右されない「堅実経営」に努めてきました。これからもその精神を大切に、会社をもっと発展させていってほしいですね。
 

九州自動車道・熊本IC近くの本社ビル
代表取締役社長 山本 盛重氏

「次の50年」見据え、組織固めに注力

─昨年の業況を教えてください。

山本 当社は、総合設備業として電気工事、空調工事、給排水工事を手掛けています。昨年7月の決算は前期比微増でしたが、最近は円安や国際情勢の不安が影響して資材高騰と資材不足が続いており、工期遅れや利益の圧迫など業界全体が苦境に立たされています。昨年は春と秋の2回、資材の値上げが行われました。メーカーからは今年1月と4月に値上げするという連絡も届いており、値上げ率は平均25%程度に達するようです。資材不足では、特に半導体関連製品の納期遅れが目立っています。この厳しい状況は一企業の努力ではどうしようもありません。見積もりはコスト増を見越して設定しているものの、見積もり提出時と完工時では原価に大きなマイナス差額が生まれてしまうことが少なからずあります。当社では賃貸マンションや分譲マンション、テナントビルの設備工事を数多く請け負っていますが、資材高騰が続けば建設コストがかさんで採算が合わなくなり、新規需要が落ち込む可能性もあるでしょう。今期の業績については前期並みを見込んでいるものの、利益は不安定要素が多く予測は難しいですね。

─昨年、創業50周年を迎えられました。

山本 創業当時は第一次オイルショックの真っただ中で、苦労の連続でした。ようやく軌道に乗ったと実感できたのは、創業から20年ほどたった頃でしょうか。50年という節目を無事に迎えられたのは、取引先や地域の皆さまの長きにわたるご厚情とご支援のたまものと深く感謝しています。本来であれば、これまでお世話になった方々を招き、社員と共に祝う席を設けたかったところですが、コロナ禍などの状況もあって昨年は見合わせました。いずれか時期を見計らって、できれば記念イベントを実施したいと思っています。
 

代表取締役社長 山本 盛重氏

 
─次の50年に向けて。

山本 私も年齢的に後進に道を譲る時期に差し掛かっています。創業者がいなくなっても会社が機能・維持できるよう、危機感を持って人材や後継者を育成し、組織固めにつなげたいと考えています。企業としての透明性も必要でしょう。特に後継者には、自らの人脈をしっかりと築いてもらいたいです。創業以来、会社の基本方針として「社員一同の和」「御取引先さまとの和」、景気・不景気に左右されない「堅実経営」に努めてきました。これからもその精神を大切に、会社をもっと発展させていってほしいですね。
 

九州自動車道・熊本IC近くの本社ビル

Data

概要

所 在 地

〒861-8044 熊本市東区神園2丁目1-1

【電話】096(380)1188

事業内容

電気設備工事、電気通信工事、空調・給配水・衛生設備工事、水道施設工事、消防施設工事

設   立

昭和48年3月1日

資 本 金

3,100万円

役   員

代表取締役社長/山本盛重 ほか6人

従業員数

73人

営 業 所

芦北営業所、上天草営業所

ホームページ

http://shinseid.co.jp/