HOME | トップインタビュー | 株式会社熊本放送

株式会社熊本放送

自社制作番組が好評 受賞作も多数

─番組制作のトピックスをお聞かせください。

上野 ラジオでは熊本地震から5年の振り返りや、一昨年7月の豪雨被害からの再起などを扱った番組が、JRN「ネットワークトゥデイ」やNRN「ニュースパレード」で受賞しました。また、水俣病をテーマにしたラジオドラマ「水俣第三中学校 還暦同窓会」を放送。全国37の民放AMラジオ局が加盟する制作協議会の企画コンペで最優秀賞に選ばれ制作したもので、第76回文化庁芸術祭に参加。JRN32局による同時間帯生放送「地域創生プログラムONE-J」では、地域の情報を全国にお届けしています。昨年2月1日には阿蘇地区にFM送信所を開局しました。テレビは早朝帯が改編され「THE TIME,」がスタート。水曜日のゴールデンタイムも改編し自社制作の「水曜だけど土曜の番組」を放送。子どもからご年配の方まで幅広い層に視聴されています。災害後の節目に特番を組むなど、記憶を風化させずに全国に発信することもローカル局の役割と考えています。

─インターネットへの対応はどのように。

上野 東京キー局が地上波番組のインターネット同時配信を始めています。4月にはJNNニュース配信サイトも立ち上がる予定です。放送新時代が急速に進んでいると感じます。当社では自社制作番組をTVerやYouTubeで配信することにも取り組んでいます。また、昨年11月には「RKK公式LINE」をスタート。ニュースや番組情報の提供、ライブ配信、プレゼント企画などで多くのファンの皆さんに使っていただきたいですね。

─SDGsへの取り組みも積極的です。

上野 国連が世界の報道機関に参加を呼び掛ける「SDGメディア・コンパクト」に、昨年4月に加盟。熊本県SDGs登録事業者にもなりました。昨年は県内17の子ども食堂に寄付による支援を実施。民間企業と連携し、支援の輪を広げていく考えです。

─今後の展望をお聞かせください。

上野 昨年、コロナ感染対策を万全にして行った「吉本新喜劇inくまもと2021」「市川海老蔵古典への誘い」「辻井伸行日本ツアー」には多くのお客さまにおいでいただきました。今年は「RKK女子駅伝50回記念大会」を2月に、「吉本新喜劇inくまもと2022」「RKKまつり」なども予定しています。コロナが落ち着き、イベントで市民の心が少しでも明るくなることを願います。放送では同時配信などネット対策に力を入れ、放送新時代のローカル局の在り方などを模索していきます。
 

今年も熊本の朝は『THE TIME,』
1月4日スタート!!
代表取締役社長 上野 淳氏

自社制作番組が好評 受賞作も多数

─番組制作のトピックスをお聞かせください。

上野 ラジオでは熊本地震から5年の振り返りや、一昨年7月の豪雨被害からの再起などを扱った番組が、JRN「ネットワークトゥデイ」やNRN「ニュースパレード」で受賞しました。また、水俣病をテーマにしたラジオドラマ「水俣第三中学校 還暦同窓会」を放送。全国37の民放AMラジオ局が加盟する制作協議会の企画コンペで最優秀賞に選ばれ制作したもので、第76回文化庁芸術祭に参加。JRN32局による同時間帯生放送「地域創生プログラムONE-J」では、地域の情報を全国にお届けしています。昨年2月1日には阿蘇地区にFM送信所を開局しました。テレビは早朝帯が改編され「THE TIME,」がスタート。水曜日のゴールデンタイムも改編し自社制作の「水曜だけど土曜の番組」を放送。子どもからご年配の方まで幅広い層に視聴されています。災害後の節目に特番を組むなど、記憶を風化させずに全国に発信することもローカル局の役割と考えています。

─インターネットへの対応はどのように。

上野 東京キー局が地上波番組のインターネット同時配信を始めています。4月にはJNNニュース配信サイトも立ち上がる予定です。放送新時代が急速に進んでいると感じます。当社では自社制作番組をTVerやYouTubeで配信することにも取り組んでいます。また、昨年11月には「RKK公式LINE」をスタート。ニュースや番組情報の提供、ライブ配信、プレゼント企画などで多くのファンの皆さんに使っていただきたいですね。
 

代表取締役社長 上野 淳氏


─SDGsへの取り組みも積極的です。

上野 国連が世界の報道機関に参加を呼び掛ける「SDGメディア・コンパクト」に、昨年4月に加盟。熊本県SDGs登録事業者にもなりました。昨年は県内17の子ども食堂に寄付による支援を実施。民間企業と連携し、支援の輪を広げていく考えです。

─今後の展望をお聞かせください。

上野 昨年、コロナ感染対策を万全にして行った「吉本新喜劇inくまもと2021」「市川海老蔵古典への誘い」「辻井伸行日本ツアー」には多くのお客さまにおいでいただきました。今年は「RKK女子駅伝50回記念大会」を2月に、「吉本新喜劇inくまもと2022」「RKKまつり」なども予定しています。コロナが落ち着き、イベントで市民の心が少しでも明るくなることを願います。放送では同時配信などネット対策に力を入れ、放送新時代のローカル局の在り方などを模索していきます。
 

今年も熊本の朝は『THE TIME,』
1月4日スタート!! 

Data

概要

所 在 地

〒860-8611 熊本市中央区山崎町30
【電話】096(328)5511

事業内容

民間放送事業(ラジオ・テレビ)

設   立

昭和28年7月

資 本 金

2億円

役   員

代表取締役社長/上野 淳
専務取締役/沼野修一
常務取締役/坂口洋一朗
取締役/浦谷英明、田嶋明彦、伊藤博信

従業員数

118人

支   社

東京支社、大阪支社、福岡支社

関連会社

(株)RKKメディアプランニング
熊本産業文化振興(株)
(株)エヌ・アイ・ケイ
(株)ジェイ・ムーブ
(株)RKK家族の窓口

ホームページ

https://rkk.jp/