HOME | トップインタビュー | 株式会社キューネット

株式会社キューネット

次代につなぐ「安らぎ」への挑戦

─警備業界の現状についてお聞かせください。

西川 近年では犯罪傾向も多様化を極めており、警戒するエリアも拡大しています。警備業界では防犯カメラを活用して地域全体を見守るサービスを展開するなど、人と機械の重要性を見極めることで、より生産性の高いサービスを提供できるようになりました。一方で警備員の人材不足が深刻化しており、有効求人倍率は全体平均の5.3倍と全業種の中で最も高い値となっています。これからも警備業は、地域と共に歩む「暮らしを支える生活安全産業」として、時代の流れに適応した高度なサービスの提供と人材の確保に全力で努めていく所存でございます。

─働く環境で変化はありますか。

西川 国立の教育機関でのクラウドカメラによる巡回警備システム化の実証実験が終了し、昨年4月から本格的に稼働を始めました。人員配置を少人化できることはもとより、映像による危険因子の早期発見が可能となるため、勤務する警備員が最善策を講じながら安全に対応することができるようになりました。また、先端技術の利活用が急速に進展し、情報セキュリティーの重要性が注目される中で昨年、ISO27017を取得しました。これによりクラウドカメラの情報管理の安全性が認められ、個人のお客さまだけでなく自治体にも幅広くクラウドカメラサービスをご提案できるようになりました。これからもお客さまに安心してご利用いただけるサービスを創造するために、精進してまいります。

─新たな取り組みについて教えてください。

西川 一昨年に掲げた新しい経営理念「安らぎの創造」の具現化を進めています。お客さまの「お困りごと」に真摯に耳を傾け、県内各地域から集まる声や情勢を基にマーケティングを行い、ご要望を先取りした暮らしを支える新しいサービスを創造しています。具体的にはクラウドカメラで観光地の人流を解析し、近隣の飲食店のマーケティングを行い売り上げ向上へつなげることや、ドローンを活用し漁業の効率化を図りながら燃料削減につなげる取り組み。そして逼迫する地域医療と連携し、医療現場の負荷を抑制するために、通信機器を活用して退院した患者の健康状態を管理し再入院を減少させることなど、AIやIoTを駆使した取り組みを始めました。これからは警備の枠にとらわれず、もっと熊本のために地域の皆さまに寄り添い、より多くの方々の生活に安らぎを感じてもらえるようさまざまな施策を展開してまいります。
 

キューネット本社
キューネット本社
代表取締役社長 西川 尚希氏
代表取締役社長 西川 尚希氏

次代につなぐ「安らぎ」への挑戦

─警備業界の現状についてお聞かせください。

西川 近年では犯罪傾向も多様化を極めており、警戒するエリアも拡大しています。警備業界では防犯カメラを活用して地域全体を見守るサービスを展開するなど、人と機械の重要性を見極めることで、より生産性の高いサービスを提供できるようになりました。一方で警備員の人材不足が深刻化しており、有効求人倍率は全体平均の5.3倍と全業種の中で最も高い値となっています。これからも警備業は、地域と共に歩む「暮らしを支える生活安全産業」として、時代の流れに適応した高度なサービスの提供と人材の確保に全力で努めていく所存でございます。

─働く環境で変化はありますか。

西川 国立の教育機関でのクラウドカメラによる巡回警備システム化の実証実験が終了し、昨年4月から本格的に稼働を始めました。人員配置を少人化できることはもとより、映像による危険因子の早期発見が可能となるため、勤務する警備員が最善策を講じながら安全に対応することができるようになりました。また、先端技術の利活用が急速に進展し、情報セキュリティーの重要性が注目される中で昨年、ISO27017を取得しました。これによりクラウドカメラの情報管理の安全性が認められ、個人のお客さまだけでなく自治体にも幅広くクラウドカメラサービスをご提案できるようになりました。これからもお客さまに安心してご利用いただけるサービスを創造するために、精進してまいります。
 
 

代表取締役社長 西川 尚希氏
代表取締役社長 西川 尚希氏

 
─新たな取り組みについて教えてください。

西川 一昨年に掲げた新しい経営理念「安らぎの創造」の具現化を進めています。お客さまの「お困りごと」に真摯に耳を傾け、県内各地域から集まる声や情勢を基にマーケティングを行い、ご要望を先取りした暮らしを支える新しいサービスを創造しています。具体的にはクラウドカメラで観光地の人流を解析し、近隣の飲食店のマーケティングを行い売り上げ向上へつなげることや、ドローンを活用し漁業の効率化を図りながら燃料削減につなげる取り組み。そして逼迫する地域医療と連携し、医療現場の負荷を抑制するために、通信機器を活用して退院した患者の健康状態を管理し再入院を減少させることなど、AIやIoTを駆使した取り組みを始めました。これからは警備の枠にとらわれず、もっと熊本のために地域の皆さまに寄り添い、より多くの方々の生活に安らぎを感じてもらえるようさまざまな施策を展開してまいります。

 
キューネット本社
キューネット本社

Data

概要

所 在 地

〒862-0924 熊本市中央区帯山4丁目18-1
【電話】096(383)9111

事業内容

法人向け機械警備、ホームセキュリティ、施設常駐警備、総合ビル管理、貴重品運搬、高齢者向け緊急通報システム

設   立

昭和46年8月

資 本 金

1億円

役   員

代表取締役社長/西川尚希
常務取締役/髙木 淳
取締役/芦塚政光 西本康範 稲葉義典
監査役/星原茂幸

総従業員数

2,380人(関連会社含む)

関連会社

九州警備保障(株)、(株)クオリティライフ・コンシェルジュ、(株)エイシン、(株)シェヴ

グループ関連

(株)再春館製薬所、桜十字病院

ホームページ

https://www.qnet-sec.co.jp/