HOME | トップインタビュー | リバテープ製薬株式会社

リバテープ製薬株式会社

今年11月までに新工場竣工目指す

─昨年はどのような一年でしたか。

星子 2021年3月期決算は、売上高が前年比1.2%増の49億6700万円、経常利益が同54%増の2億4400万円で増収増益でした。当期上半期についても計画を達成しています。好調の要因としては主に、コロナ禍による注射絆とアルコール消毒液の受注増が挙げられます。注射絆は、新型コロナワクチン接種が全国的に進むにつれ需要が高まり、生産が間に合わない状況が続いています。アルコール消毒液については一昨年から順調に推移していたところに、昨年8月に通販サイト「アマゾン」の限定ブランドに指定されたことで、一般消費者からの注文が増えました。当社の主力商品である綿棒消毒剤「スワブスティック」は、全国の主要病院の約7割で使用されています。品質の高さと利便性、そしてコスト面で高い評価を得ており、1年ほど前から全国の赤十字血液センターでも採用されています。一方、化粧品については、馬プラセンタ配合の美容液「リマーユプラセラ原液プレミアム」や馬油成分配合の「リマーユ」シリーズ、スイゼンジノリ抽出の保湿成分を配合した「咲水」シリーズを生産・販売していますが、コロナ禍の影響で売れ行きは例年に比べ2割ほど減少しています。

─人材育成にも取り組んでおられます。

星子 当社の将来は人材があってこそ。本年度は「教育・人材育成」をテーマに掲げ、専任の講師による勉強会や階層別研修を実施しています。外部研修には、上半期で90人の社員が参加しました。例年、新入社員を迎えていますが、人材育成の一環として昨年も新入社員のご家族見学会を開きました。

─新工場を建設中です。

星子 第3工場の敷地内にB棟を建設中です。主にアルコール消毒液と注射絆を生産する工場で、昨年末に着工し、今年11月に完成、来年3月稼働を予定しています。工場稼働後の生産能力は、アルコール消毒液が現行の約3倍、注射絆も生産強化を図っていきます。従来からの受注に加えてコロナ禍での需要が加わり、現在は24時間フル稼働で対応している状況です。経産省のサプライチェーン対策補助事業者に採択されていますので、新工場を稼働させることで感染症対策のニーズに応え、社会的責任を果たしていきます。

─今年の抱負をお願いします。

星子 計画通りに新工場の竣工・稼働を目指すとともに、社員一丸となって今期の売上目標50億円を達成したいと考えています。
 

菊池市七城町の熊本第3工場

代表取締役社長 星子 邦久氏

今年11月までに新工場竣工目指す

─昨年はどのような一年でしたか。

星子 2021年3月期決算は、売上高が前年比1.2%増の49億6700万円、経常利益が同54%増の2億4400万円で増収増益でした。当期上半期についても計画を達成しています。好調の要因としては主に、コロナ禍による注射絆とアルコール消毒液の受注増が挙げられます。注射絆は、新型コロナワクチン接種が全国的に進むにつれ需要が高まり、生産が間に合わない状況が続いています。アルコール消毒液については一昨年から順調に推移していたところに、昨年8月に通販サイト「アマゾン」の限定ブランドに指定されたことで、一般消費者からの注文が増えました。当社の主力商品である綿棒消毒剤「スワブスティック」は、全国の主要病院の約7割で使用されています。品質の高さと利便性、そしてコスト面で高い評価を得ており、1年ほど前から全国の赤十字血液センターでも採用されています。一方、化粧品については、馬プラセンタ配合の美容液「リマーユプラセラ原液プレミアム」や馬油成分配合の「リマーユ」シリーズ、スイゼンジノリ抽出の保湿成分を配合した「咲水」シリーズを生産・販売していますが、コロナ禍の影響で売れ行きは例年に比べ2割ほど減少しています。

─人材育成にも取り組んでおられます。

星子 当社の将来は人材があってこそ。本年度は「教育・人材育成」をテーマに掲げ、専任の講師による勉強会や階層別研修を実施しています。外部研修には、上半期で90人の社員が参加しました。例年、新入社員を迎えていますが、人材育成の一環として昨年も新入社員のご家族見学会を開きました。


代表取締役社長 星子 邦久氏


─新工場を建設中です。

星子 第3工場の敷地内にB棟を建設中です。主にアルコール消毒液と注射絆を生産する工場で、昨年末に着工し、今年11月に完成、来年3月稼働を予定しています。工場稼働後の生産能力は、アルコール消毒液が現行の約3倍、注射絆も生産強化を図っていきます。従来からの受注に加えてコロナ禍での需要が加わり、現在は24時間フル稼働で対応している状況です。経産省のサプライチェーン対策補助事業者に採択されていますので、新工場を稼働させることで感染症対策のニーズに応え、社会的責任を果たしていきます。

─今年の抱負をお願いします。

星子 計画通りに新工場の竣工・稼働を目指すとともに、社員一丸となって今期の売上目標50億円を達成したいと考えています。
 

菊池市七城町の熊本第3工場

Data

概要

所 在 地

〒861-0136 熊本市北区植木町岩野45【電話】096(272)0631

設   立

昭和35年5月(創業 明治11年)

資 本 金

1億円

業務内容

医薬品、医薬部外品、医療機器、化粧品の製造販売

役   員

代表取締役社長/星子邦久
常務取締役/橋爪 淳
取締役/池田淑哲、毛利 進、杉原正博、菅原正之、岸本辰也
監査役/杉山宏治、田中寿之

従業員数

300人

営 業 所

東京支店、大阪支店、熊本営業所

工   場

本社工場、熊本第2工場・熊本第3工場(菊池市七城町)

関連会社

メディファイン(株)

ホームページ

http://www.libatape.jp/