HOME | トップインタビュー | 熊本トヨタホールディングス株式会社

熊本トヨタホールディングス株式会社

グループの相乗効果生かして飛躍

─メイン事業である新車販売の動向はいかがでしょうか。

與縄 世界的な半導体不足の影響を受けて、メーカーの新車の減産が続いています。長納期化が拡大しており、お客さまにご迷惑をお掛けしていることを心苦しく思っています。この局面で、お客さまのフォローをしっかり行い、密度の濃い関係を築けるよう努力しています。またバリューチェーンと呼ばれるアフターサービスや、中古車部門の充実などによって収益を伸ばすことを、より一層目指さなければならないと改めて感じているところです。そうした意味では、「くまトヨタウン熊本インター店」は新車に加えて中古車、アフターサービス、福祉車両・カーシェアを備えており、今後目指していくモデル店舗になると考えています。

─グループの設備投資をお聞かせください。

與縄 熊本トヨタは八代店と上熊本店を全面リニューアル。八代店は3月完成、上熊本店は4月着工予定です。トヨタL&F熊本では移転新築で玉名店が昨年12月完成、本社は今年6月完成予定です。県外では大分トヨペット別府店を昨年9月にオープン、佐伯店を来年2月に移転新築オープン予定。また熊本トヨタの本社・本店は2027年の創業90周年に合わせて新社屋にリニューアルします。

─SDGsへの取り組みも積極的です。

與縄 昨年は85周年記念事業として、熊本市にプリウスPHVを寄贈。カーボンニュートラルの推進や災害時の給電などに活用いただきます。熊本トヨタハイブリッド基金も9年目となり、阿蘇の草原保全に加え、熊本いのちの電話や盲導犬育成基金にも寄付を広げました。ロアッソ熊本と連携した「1ゴールアシスト5」も継続します。昨年から3カ年計画となる「まちづくり・ひとづくりプロジェクト」を始めており、各部署にSDGs委員を配置し、地域に貢献できる人材育成や誰もがイキイキと働くことのできる会社組織の構築を目指します。

─今年の抱負をお聞かせください。

與縄 昨年から、阿蘇市と熊本市での公共交通の実証実験に参加しています。複数の自治体で交通課題の解決に向けた実証実験に参加しており、モビリティーサービスの領域にも積極的にチャレンジしていきます。大分トヨペットをグループに迎え2年たちました。今年はホールディングス各社の交流の機会を増やし、グループ全体で新しいことにチャレンジしていくような相乗効果に期待したいです。
 

「くまトヨタウン熊本インター店」
代表取締役社長 與縄 義昭氏

グループの相乗効果生かして飛躍

─メイン事業である新車販売の動向はいかがでしょうか。

與縄 世界的な半導体不足の影響を受けて、メーカーの新車の減産が続いています。長納期化が拡大しており、お客さまにご迷惑をお掛けしていることを心苦しく思っています。この局面で、お客さまのフォローをしっかり行い、密度の濃い関係を築けるよう努力しています。またバリューチェーンと呼ばれるアフターサービスや、中古車部門の充実などによって収益を伸ばすことを、より一層目指さなければならないと改めて感じているところです。そうした意味では、「くまトヨタウン熊本インター店」は新車に加えて中古車、アフターサービス、福祉車両・カーシェアを備えており、今後目指していくモデル店舗になると考えています。

─グループの設備投資をお聞かせください。

與縄 熊本トヨタは八代店と上熊本店を全面リニューアル。八代店は3月完成、上熊本店は4月着工予定です。トヨタL&F熊本では移転新築で玉名店が昨年12月完成、本社は今年6月完成予定です。県外では大分トヨペット別府店を昨年9月にオープン、佐伯店を来年2月に移転新築オープン予定。また熊本トヨタの本社・本店は2027年の創業90周年に合わせて新社屋にリニューアルします。
 

代表取締役社長 與縄 義昭氏

 
─SDGsへの取り組みも積極的です。

與縄 昨年は85周年記念事業として、熊本市にプリウスPHVを寄贈。カーボンニュートラルの推進や災害時の給電などに活用いただきます。熊本トヨタハイブリッド基金も9年目となり、阿蘇の草原保全に加え、熊本いのちの電話や盲導犬育成基金にも寄付を広げました。ロアッソ熊本と連携した「1ゴールアシスト5」も継続します。昨年から3カ年計画となる「まちづくり・ひとづくりプロジェクト」を始めており、各部署にSDGs委員を配置し、地域に貢献できる人材育成や誰もがイキイキと働くことのできる会社組織の構築を目指します。

─今年の抱負をお聞かせください。

與縄 昨年から、阿蘇市と熊本市での公共交通の実証実験に参加しています。複数の自治体で交通課題の解決に向けた実証実験に参加しており、モビリティーサービスの領域にも積極的にチャレンジしていきます。大分トヨペットをグループに迎え2年たちました。今年はホールディングス各社の交流の機会を増やし、グループ全体で新しいことにチャレンジしていくような相乗効果に期待したいです。
 

「くまトヨタウン熊本インター店」

Data

概要

所 在 地

〒861-4109 熊本市南区日吉2丁目10-1
【電話】096(357)6111

設   立

2016年9月

事業内容

関連会社の業務統括(自動車・産業機械・通信機器の販売と整備、保険商品の販売など)、自動車整備、モビリティサービス関連業務

資 本 金

1,100万円

従業員数

630人(グループ計)

役   員

代表取締役相談役/與縄 董

代表取締役社長/與縄義昭

取締役副社長/與縄英二

取締役/井原 宏、與縄裕二

関連会社

熊本トヨタ自動車(株)(レクサス熊本東)、大分トヨペット(株)、トヨタL&F熊本(株)、(株)ジェームスケイティ

ホームページ

https://www.kumamoto-toyota.co.jp/