HOME | トップインタビュー | 学校法人銀杏学園 熊本保健科学大学

学校法人銀杏学園 熊本保健科学大学

スポーツヘルスサイエンス事業推進

─昨年はリハビリテーション学科に「スポーツリハビリテーションコース」を新設されました。

竹屋 昨年、リハビリテーション学科理学療法学専攻の定員を40名から60名に増やしました。この4月に2年次に進級する学生の中から20名をスポーツリハビリテーションコースに選抜します。理学療法士(国家資格)に加え、アスレチックトレーナー資格(認定校申請中)取得を目指すダブル・ラーニング制度を導入。卒業後は病院などでの理学療法業務はもちろん、スポーツ現場のトレーナーや子どもから高齢者までの健康づくりなどにも職域が広がると思われます。コース新設に併せ、「健康・スポーツ教育研究センター」も開設しました。メディカルスタッフ養成の基盤を支えるために、「健康」と「スポーツ」をキーワードにした社会的要請の高い調査や研究、スポーツヘルスサイエンス事業を進めていきます。

─事業の具体例を紹介してください。

竹屋 一例は高校生アスリートスポーツ合宿支援です。水上村のクロスカントリー施設に大学の教員や学生が出向き、合宿している陸上選手のフィジカル・メンタルチェックを行い、そのデータを本人にフィードバックします。既に2021年から実施していて、ランニングフォームの解析や疲労度の測定、メンタル面のサポートなどを行っています。翌日には結果が分かると好評です。

─昨年は夏休みの子ども向けイベントや学園祭を再開されましたね。

竹屋 小中学生を対象としたイベント「からだのふしぎ探検」を開催しました。人数限定でしたが、参加した児童生徒は聴診や、超音波エコーを体験することで生命や科学への興味関心が深まったと思います。学園祭や対面でのオープンキャンパスも一定の制限の下で実施しました。

─今年の抱負をお聞かせください。

竹屋 理数教育の発展のため昨年、県内のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定5校を含む8つの県立高校で組織される熊本サイエンスコンソーシアムと協定を結びました。今年は高校生の成長をサポートする高大接続研究をさらに進めます。本学学生の国家試験合格率は昨年度、全てにおいて全国平均を上回りましたが、今後はさらに高い合格率を目標に据え、本学の存在価値を高める努力を続けていきます。そして人生100年時代に向け、健康寿命の延伸に取り組み、医療現場でリーダーシップを発揮できる医療人の育成に力を注ぎます。
 

熊本保健科学大学キャンパス全景
学長 竹屋 元裕氏

スポーツヘルスサイエンス事業推進

─昨年はリハビリテーション学科に「スポーツリハビリテーションコース」を新設されました。

竹屋 昨年、リハビリテーション学科理学療法学専攻の定員を40名から60名に増やしました。この4月に2年次に進級する学生の中から20名をスポーツリハビリテーションコースに選抜します。理学療法士(国家資格)に加え、アスレチックトレーナー資格(認定校申請中)取得を目指すダブル・ラーニング制度を導入。卒業後は病院などでの理学療法業務はもちろん、スポーツ現場のトレーナーや子どもから高齢者までの健康づくりなどにも職域が広がると思われます。コース新設に併せ、「健康・スポーツ教育研究センター」も開設しました。メディカルスタッフ養成の基盤を支えるために、「健康」と「スポーツ」をキーワードにした社会的要請の高い調査や研究、スポーツヘルスサイエンス事業を進めていきます。

─事業の具体例を紹介してください。

竹屋 一例は高校生アスリートスポーツ合宿支援です。水上村のクロスカントリー施設に大学の教員や学生が出向き、合宿している陸上選手のフィジカル・メンタルチェックを行い、そのデータを本人にフィードバックします。既に2021年から実施していて、ランニングフォームの解析や疲労度の測定、メンタル面のサポートなどを行っています。翌日には結果が分かると好評です。
 

学長 竹屋 元裕氏

 
─昨年は夏休みの子ども向けイベントや学園祭を再開されましたね。

竹屋 小中学生を対象としたイベント「からだのふしぎ探検」を開催しました。人数限定でしたが、参加した児童生徒は聴診や、超音波エコーを体験することで生命や科学への興味関心が深まったと思います。学園祭や対面でのオープンキャンパスも一定の制限の下で実施しました。

─今年の抱負をお聞かせください。

竹屋 理数教育の発展のため昨年、県内のスーパーサイエンスハイスクール(SSH)指定5校を含む8つの県立高校で組織される熊本サイエンスコンソーシアムと協定を結びました。今年は高校生の成長をサポートする高大接続研究をさらに進めます。本学学生の国家試験合格率は昨年度、全てにおいて全国平均を上回りましたが、今後はさらに高い合格率を目標に据え、本学の存在価値を高める努力を続けていきます。そして人生100年時代に向け、健康寿命の延伸に取り組み、医療現場でリーダーシップを発揮できる医療人の育成に力を注ぎます。
 

熊本保健科学大学キャンパス全景

Data

概要

所 在 地

〒861-5598 熊本市北区和泉町325
【電話】096(275)2111

設   立

平成15年4月

大   学

○保健科学部
 医学検査学科、看護学科、リハビリテーション学科(理学療法学専攻、生活機能療法学専攻、言語聴覚学専攻)

○大学院(修士課程)
 保健科学研究科保健科学専攻(臨床検査領域、看護領域、リハビリテーション領域)

○助産別科

○キャリア教育研修センター(認定看護師教育課程、特定行為研修課程)

ホームページ

https://www.kumamoto-hsu.ac.jp/