HOME | トップインタビュー | 株式会社熊本コアミックス

株式会社熊本コアミックス

「096k熊本歌劇団」劇場開設へ

─高森高校に「マンガ学科」が新設されます。

持田 「マンガ学科」(定員40人)は公立高校では全国初で、今春開校です。高森高で昨年7月、オープンスクールが開催され、県内外から130人の生徒の参加がありました。そのうちマンガ学科志望者は101人で、全国から注目を集めています。同高と高森町、県教育委員会と連携しながら、当社では授業で使うテキストを作成するほか、編集者やプロの漫画家を派遣し、実践的な漫画制作に関わる教育、指導をサポートしていきます。大自然に囲まれつつ通信環境が整っている高森町は、創作活動する場としては最高の環境だと実感しています。専門学校や大学の漫画関連学科でも体験できないような、漫画のプロと接しながらの高校教育の中で、世界に通用する人格形成や自己表現の実現につなげていきたいですね。

─「096k(オクロック)熊本歌劇団」の活動状況は。

持田 096k熊本歌劇団は、漫画をライブで体感できる女性歌劇団です。昨年は活動の幅が広がり、常設の熊本城ミュージアムわくわく座を飛び出して鶴屋ホールや八千代座、牛深総合センター、合志市総合センターヴィーブル、県外では鹿児島ライカ南国ホールなどで公演を実施しました。昨年7月には、新作舞台を県立劇場で初披露。「フュージョンウォール」という特殊技術を駆使した演出を採用し、より見応えある演目に仕上がりました。公演を重ねるごとに劇団員のスキルも高まり、著しく成長しています。それに応えるべく今年7月には、フランスのパリで開催される「ジャパンエキスポ」で海外初公演を行う予定です。また、観光客やインバウンドが戻り、大勢の観客の前でより多彩なパフォーマンスができるよう熊本市内に新たな専用劇場を開設する準備と運営強化を進めています。

─漫画家の育成に力を入れておられます。

持田 鶴屋百貨店内の「まんがラボ」を漫画制作や作品相談ができる場として開放しているほか、「コアミックス九州国際まんが賞」を開催するなどして、才能発掘に力を入れています。高森町にある劇団と漫画の拠点「アーティストビレッジ阿蘇096区」に今年、アメリカやインドネシア、ブラジルなどから海外の漫画家10人が移住してきます。国際漫画賞「サイレントマンガオーディション」の受賞者から選抜した才能ある人材ばかりで、漫画出版や企画に関わる業務を担いながら、日本デビューを目指してもらいます。高森町から世界に向けて、漫画の魅力を発信していきたいですね。
 

漫画家や劇団員たちの育成施設「アーティストビレッジ阿蘇096区」(高森町)
代表取締役社長 持田 修一氏

「096k熊本歌劇団」劇場開設へ

─高森高校に「マンガ学科」が新設されます。

持田 「マンガ学科」(定員40人)は公立高校では全国初で、今春開校です。高森高で昨年7月、オープンスクールが開催され、県内外から130人の生徒の参加がありました。そのうちマンガ学科志望者は101人で、全国から注目を集めています。同高と高森町、県教育委員会と連携しながら、当社では授業で使うテキストを作成するほか、編集者やプロの漫画家を派遣し、実践的な漫画制作に関わる教育、指導をサポートしていきます。大自然に囲まれつつ通信環境が整っている高森町は、創作活動する場としては最高の環境だと実感しています。専門学校や大学の漫画関連学科でも体験できないような、漫画のプロと接しながらの高校教育の中で、世界に通用する人格形成や自己表現の実現につなげていきたいですね。

─「096k(オクロック)熊本歌劇団」の活動状況は。

持田 096k熊本歌劇団は、漫画をライブで体感できる女性歌劇団です。昨年は活動の幅が広がり、常設の熊本城ミュージアムわくわく座を飛び出して鶴屋ホールや八千代座、牛深総合センター、合志市総合センターヴィーブル、県外では鹿児島ライカ南国ホールなどで公演を実施しました。昨年7月には、新作舞台を県立劇場で初披露。「フュージョンウォール」という特殊技術を駆使した演出を採用し、より見応えある演目に仕上がりました。公演を重ねるごとに劇団員のスキルも高まり、著しく成長しています。それに応えるべく今年7月には、フランスのパリで開催される「ジャパンエキスポ」で海外初公演を行う予定です。また、観光客やインバウンドが戻り、大勢の観客の前でより多彩なパフォーマンスができるよう熊本市内に新たな専用劇場を開設する準備と運営強化を進めています。

 
代表取締役社長 持田 修一氏

 
─漫画家の育成に力を入れておられます。

持田 鶴屋百貨店内の「まんがラボ」を漫画制作や作品相談ができる場として開放しているほか、「コアミックス九州国際まんが賞」を開催するなどして、才能発掘に力を入れています。高森町にある劇団と漫画の拠点「アーティストビレッジ阿蘇096区」に今年、アメリカやインドネシア、ブラジルなどから海外の漫画家10人が移住してきます。国際漫画賞「サイレントマンガオーディション」の受賞者から選抜した才能ある人材ばかりで、漫画出版や企画に関わる業務を担いながら、日本デビューを目指してもらいます。高森町から世界に向けて、漫画の魅力を発信していきたいですね。
 

漫画家や劇団員たちの育成施設「アーティストビレッジ阿蘇096区」(高森町) 

Data

概要

所 在 地

〒860-0808 熊本市中央区手取本町5-7 鶴屋WING館7F

【電話】096(353)3302
コアミックスまんがラボ

【電話】096(353)3300

事業内容

漫画雑誌・コミックス・書籍の編集・出版、デジタルコンテンツの制作・配信、ライセンス事業、アーティスト育成事業、飲食事業

設   立

2018年10月

資 本 金

1,000万円

役   員

代表取締役会長/堀江信彦
代表取締役社長/持田修一
取締役/渡邊慎之介

関連会社

(株)コアミックス、(株)じぞう屋

ホームページ

https://kumamoto-coamix.co.jp/