HOME | トップインタビュー | 熊本不二コンクリート工業株式会社

熊本不二コンクリート工業株式会社

DX推進 サービスの質向上を図る

─広大な敷地にコンクリート二次製品が保管されています。

山田 道路の側溝などに使用される「U字溝」、造成地や斜面の土留めなどに使用される「L型擁壁」、地下に埋設する「防火水槽」など、大小の多種多様なコンクリート二次製品を生産しています。およそ4000種類に及ぶ全製品を工場周辺の約10ヘクタールの敷地に集め、必要に応じてすぐに製品を供給できる状態にしています。近年は合志市、菊陽町、大津町などで宅地造成の動きが活発で、当社の売り上げの半分を民間開発物件が占めています。菊陽町にTSMC(台湾積体電路製造)の進出が決まったことは当社にとっても喜ばしいことで、この先もさらに同社周辺地域の開発が進むのではないかと期待しています。

─昨年、注力されたことをお聞かせください。

山田 製品の種類が年々増え続ける中でこれまで、在庫管理が大きな課題でした。コンピューターを使った管理をしているのですが、どうしても帳簿上の在庫と実在庫の不整合が起こるため、製品の種類とおおよその在庫を頭に入れているベテラン社員が現場で指揮しないと業務が円滑に進みませんでした。そこで昨年は新たに製品置き場を20区画に分け、全製品にバーコードを付けて単品管理できるシステムに切り替えました。それにより社員はスマートフォンで製品の在庫状況を簡単に確認できるようになったので、業務経験が浅い社員でも納品ミスがなくなり、サービスの質が向上しました。またトラックへの積み込みにかかる時間短縮も実現し、それにより配送が効率化されました。今後も製造業としての責任を果たすため、DXの推進にさらに力を入れたいと考えています。

─SDGsへの取り組みを始められたと聞きます。

山田 これまで周辺環境保全のため、生産過程で発生する生コンクリート汚泥の脱水処理やコンクリート片などを粉砕する設備への投資などを通じ、産業廃棄物を出す企業の責任として適切に処理してきました。工場の美化や作業環境の改善、周辺地域の環境を保全することはSDGsにつながるため、現在は外部のコンサルティングを受け、SDGsをテーマに社員の意識改革に取り組んでいます。会社の成長とは単に売り上げを伸ばすことでなく、会社で働く社員の意識が向上し、提供する製品の品質とサービスが向上することであると考えています。今後も機動力を高め、環境を大切にする企業として、地域と共に発展を目指します。
 

工場内の敷地に並ぶ「L型擁壁」
代表取締役 山田 敬太氏

DX推進 サービスの質向上を図る

─広大な敷地にコンクリート二次製品が保管されています。

山田 道路の側溝などに使用される「U字溝」、造成地や斜面の土留めなどに使用される「L型擁壁」、地下に埋設する「防火水槽」など、大小の多種多様なコンクリート二次製品を生産しています。およそ4000種類に及ぶ全製品を工場周辺の約10ヘクタールの敷地に集め、必要に応じてすぐに製品を供給できる状態にしています。近年は合志市、菊陽町、大津町などで宅地造成の動きが活発で、当社の売り上げの半分を民間開発物件が占めています。菊陽町にTSMC(台湾積体電路製造)の進出が決まったことは当社にとっても喜ばしいことで、この先もさらに同社周辺地域の開発が進むのではないかと期待しています。

─昨年、注力されたことをお聞かせください。

山田 製品の種類が年々増え続ける中でこれまで、在庫管理が大きな課題でした。コンピューターを使った管理をしているのですが、どうしても帳簿上の在庫と実在庫の不整合が起こるため、製品の種類とおおよその在庫を頭に入れているベテラン社員が現場で指揮しないと業務が円滑に進みませんでした。そこで昨年は新たに製品置き場を20区画に分け、全製品にバーコードを付けて単品管理できるシステムに切り替えました。それにより社員はスマートフォンで製品の在庫状況を簡単に確認できるようになったので、業務経験が浅い社員でも納品ミスがなくなり、サービスの質が向上しました。またトラックへの積み込みにかかる時間短縮も実現し、それにより配送が効率化されました。今後も製造業としての責任を果たすため、DXの推進にさらに力を入れたいと考えています。
 

代表取締役 山田 敬太氏


─SDGsへの取り組みを始められたと聞きます。

山田 これまで周辺環境保全のため、生産過程で発生する生コンクリート汚泥の脱水処理やコンクリート片などを粉砕する設備への投資などを通じ、産業廃棄物を出す企業の責任として適切に処理してきました。工場の美化や作業環境の改善、周辺地域の環境を保全することはSDGsにつながるため、現在は外部のコンサルティングを受け、SDGsをテーマに社員の意識改革に取り組んでいます。会社の成長とは単に売り上げを伸ばすことでなく、会社で働く社員の意識が向上し、提供する製品の品質とサービスが向上することであると考えています。今後も機動力を高め、環境を大切にする企業として、地域と共に発展を目指します。
 

工場内の敷地に並ぶ「L型擁壁」

Data

概要

所 在 地

〒861-1214 菊池市泗水町田島2444
【電話】0968(38)3131

事業内容

コンクリート製品の製造・仕入・販売

設   立

昭和48年6月

資 本 金

1,000万円

役   員

代表取締役/山田敬太

従業員数

139人

支   店

熊本支店、天草支店

ホームページ

http://www.kumafuji.co.jp/