HOME | トップインタビュー | 株式会社構造計画研究所

株式会社構造計画研究所

東京と熊本拠点に 技術領域を拡大

─「構造計画研究所」はどのような会社ですか。

服部 始まりは東京工業大学で構造設計の研究に携わっていた創業者・服部正(まこと)が創設した、産学連携のベンチャー企業でした。大学の研究成果を社会に還元する橋渡しとしての役割を担いたいという理念の下、1956年に構造設計専業の服部正構造計画研究所を創業。それぞれの時代の社会課題を工学知と情報技術で解決し事業を展開してきました。

─熊本とのつながりについて教えてください。

服部 1960年に竣工(しゅんこう)するまでの熊本城天守閣再建工事の期間中、当社が構造計算に携わりました。80年代に入り、当社は当時の通産省が提唱した「テクノポリス」構想に賛同し、86年には細川護熙熊本県知事(当時)の協力を得て、大津町にソフトウェア開発の拠点とすべく「熊本構造計画研究所」を設立しました。私自身は翌87年にボストンコンサルティンググループを退職して当社に入社、初任地が熊本で4年間勤務しました。開設以来36年が過ぎた現在でも多くの所員が勤務しており、熊本出身の所員は熊本だけでなく、東京でも活躍しています。

─技術・事業領域が広がっていますね。

服部 もともとは建築の構造設計の会社でしたが、新しい技術を使ったサービスが生まれています。熊本では8年前から、日本郵船のロジスティックスサポートを行っています。同社がシンガポールで行っていた貨物コンテナ船の積み付けプラン作成業務を、熊本構造計画研究所内に開設したプランニングセンターへ移管。コロナ禍においては、IoT技術の活用で遠隔で入退室管理ができる「RemoteLOCK(リモートロック)」の需要が高まっています。ホテルなどはもちろん、公共施設を利用する住民の利便性向上を図れることから、熊本県内の行政への導入も進められています。また一昨年12月には、県と観光分野でデジタル技術を活用したDXを推進するための包括連携協定を締結しました。熊本の観光活性化にも寄与できればと思います。

─今後の展望や目標をお願いします。

服部 当社は、人「才」採用に大変力を入れており、近年は熊本での中途採用も積極的です。当社では個の才能の「才」を使って「人才」と呼んでいます。多様な「人才」が活躍する社風を生かしながらダイバーシティーを推進し、社会やコミュニティーが抱える課題解決を支援していきたいと思います。熊本は当社にとって大変重要な拠点ですので、いい「人才」に参画してもらいながら、同僚たちが益々精進して発展していってほしいと願っています。
 

クラウド上で多数の利用者の入室管理を実現するスマートロック
「RemoteLOCK(リモートロック)」
代表執行役会長 服部 正太氏

東京と熊本拠点に 技術領域を拡大

─「構造計画研究所」はどのような会社ですか。

服部 始まりは東京工業大学で構造設計の研究に携わっていた創業者・服部正(まこと)が創設した、産学連携のベンチャー企業でした。大学の研究成果を社会に還元する橋渡しとしての役割を担いたいという理念の下、1956年に構造設計専業の服部正構造計画研究所を創業。それぞれの時代の社会課題を工学知と情報技術で解決し事業を展開してきました。

─熊本とのつながりについて教えてください。

服部 1960年に竣工(しゅんこう)するまでの熊本城天守閣再建工事の期間中、当社が構造計算に携わりました。80年代に入り、当社は当時の通産省が提唱した「テクノポリス」構想に賛同し、86年には細川護熙熊本県知事(当時)の協力を得て、大津町にソフトウェア開発の拠点とすべく「熊本構造計画研究所」を設立しました。私自身は翌87年にボストンコンサルティンググループを退職して当社に入社、初任地が熊本で4年間勤務しました。開設以来36年が過ぎた現在でも多くの所員が勤務しており、熊本出身の所員は熊本だけでなく、東京でも活躍しています。
 

代表執行役会長 服部 正太氏

 
─技術・事業領域が広がっていますね。

服部 もともとは建築の構造設計の会社でしたが、新しい技術を使ったサービスが生まれています。熊本では8年前から、日本郵船のロジスティックスサポートを行っています。同社がシンガポールで行っていた貨物コンテナ船の積み付けプラン作成業務を、熊本構造計画研究所内に開設したプランニングセンターへ移管。コロナ禍においては、IoT技術の活用で遠隔で入退室管理ができる「RemoteLOCK(リモートロック)」の需要が高まっています。ホテルなどはもちろん、公共施設を利用する住民の利便性向上を図れることから、熊本県内の行政への導入も進められています。また一昨年12月には、県と観光分野でデジタル技術を活用したDXを推進するための包括連携協定を締結しました。熊本の観光活性化にも寄与できればと思います。

─今後の展望や目標をお願いします。

服部 当社は、人「才」採用に大変力を入れており、近年は熊本での中途採用も積極的です。当社では個の才能の「才」を使って「人才」と呼んでいます。多様な「人才」が活躍する社風を生かしながらダイバーシティーを推進し、社会やコミュニティーが抱える課題解決を支援していきたいと思います。熊本は当社にとって大変重要な拠点ですので、いい「人才」に参画してもらいながら、同僚たちが益々精進して発展していってほしいと願っています。
 

クラウド上で多数の利用者の入室管理を実現するスマートロック
「RemoteLOCK(リモートロック)」

Data

概要

所 在 地

〈構造計画研究所本所〉
〒164-0012 東京都中野区本町4丁目38-13 日本ホルスタイン会館内
【電話】03(5342)1100

〈熊本構造計画研究所〉
〒869-1235 菊池郡大津町室1315
【電話】096(292)1111

設   立

1959年5月6日

資 本 金

10億1000万円

役   員

代表執行役会長 服部正太

代表執行役社長 渡邊太門

従業員数

628人(2022年9月8日現在)

事業拠点

本社/東京

支社・事務所/熊本・大阪・名古屋・福岡・上海・シンガポール・スペイン

ホームページ

https://www.kke.co.jp/