HOME | トップインタビュー | ハイコムウォーター株式会社

ハイコムウォーター株式会社

南阿蘇村の水の豊かさをアピール

─宅配水事業が好調のようです。

甲斐 昨年はウオーターサーバー用の12㍑ボトルの生産が前年比で30万本増加し、年間総生産が500万本を超えました。南阿蘇村工場が稼働開始して8年が経過し、定期配送のお客さまが20万件となりました。ご愛飲いただいているお客さま、取引先さまへ感謝申し上げます。長期化するコロナ禍で、営業・生産・配送・カスタマー業務を行う従業員が本当に頑張ってくれました。2021年9月に、大津町に「大津物流センター」を開設しました。自動倉庫に10万本の商品在庫が保管可能となり、商品の安定供給に寄与しております。お客さま宅への商品配送についても、3年ほど前から自社配送の比率を高め、「デポ」と呼ぶ物流拠点を順次整備してきました。熊本県内3拠点、大牟田市、宮崎市と現在5拠点で約2万件のお客さまへ自社配送で届けています。物流コストや電気代、資材価格などが高騰していることから、コスト削減の企業努力を今後も続けます。

─カスタマーセンターを移転されました。

甲斐 コールセンター事業は、私が社長を務めるグループ企業「ハイコムビジネスサポート」が行っています。現在100人体制でカスタマーサポート業務に当たっていますが、今年は120人体制に拡大する計画です。サポート担当者が電話でお客さまからのさまざまなお問い合わせに的確に応対できるよう、入社から1カ月間の研修を行った後に初めて受電業務に就けています。組織拡大に合わせてサポートセンターを当社と同じオフィスに移転し、休憩室や研修室を充実させました。今後も働きやすいオフィス環境を整備し、従業員満足・お客さま満足度を高め、積極採用と応対品質向上に努めていきます。

─熊本城天守閣をかたどったペットボトル入りの天然水の販売状況はいかがですか。

甲斐 熊本のシンボルである熊本城と熊本が誇る地下水の両方を広くアピールしたいと考えて2020年に「Kumamoto Castle Water(クマモト キャッスル ウォーター)」(380㍉㍑)を発売しました。熊本地震で被災したお城の復旧支援につながればと考え、販売1本当たり10円を支援金として寄付しています。今年は年間10万本の販売目標を掲げました。買っていただいたお客さまやおみやげにもらった方が、SNSにボトルを手にした写真を投稿されていています。南阿蘇村の天然水の豊かさを、さらに多くの人に知っていただければと思っています。
 

2021年9月に開設したハイコムウォーター大津物流センター

代表取締役社長 甲斐 文祥氏

南阿蘇村の水の豊かさをアピール

─宅配水事業が好調のようです。

甲斐 昨年はウオーターサーバー用の12㍑ボトルの生産が前年比で30万本増加し、年間総生産が500万本を超えました。南阿蘇村工場が稼働開始して8年が経過し、定期配送のお客さまが20万件となりました。ご愛飲いただいているお客さま、取引先さまへ感謝申し上げます。長期化するコロナ禍で、営業・生産・配送・カスタマー業務を行う従業員が本当に頑張ってくれました。2021年9月に、大津町に「大津物流センター」を開設しました。自動倉庫に10万本の商品在庫が保管可能となり、商品の安定供給に寄与しております。お客さま宅への商品配送についても、3年ほど前から自社配送の比率を高め、「デポ」と呼ぶ物流拠点を順次整備してきました。熊本県内3拠点、大牟田市、宮崎市と現在5拠点で約2万件のお客さまへ自社配送で届けています。物流コストや電気代、資材価格などが高騰していることから、コスト削減の企業努力を今後も続けます。

─カスタマーセンターを移転されました。

甲斐 コールセンター事業は、私が社長を務めるグループ企業「ハイコムビジネスサポート」が行っています。現在100人体制でカスタマーサポート業務に当たっていますが、今年は120人体制に拡大する計画です。サポート担当者が電話でお客さまからのさまざまなお問い合わせに的確に応対できるよう、入社から1カ月間の研修を行った後に初めて受電業務に就けています。組織拡大に合わせてサポートセンターを当社と同じオフィスに移転し、休憩室や研修室を充実させました。今後も働きやすいオフィス環境を整備し、従業員満足・お客さま満足度を高め、積極採用と応対品質向上に努めていきます。


代表取締役社長 甲斐 文祥氏

 
─熊本城天守閣をかたどったペットボトル入りの天然水の販売状況はいかがですか。

甲斐 熊本のシンボルである熊本城と熊本が誇る地下水の両方を広くアピールしたいと考えて2020年に「Kumamoto Castle Water(クマモト キャッスル ウォーター)」(380㍉㍑)を発売しました。熊本地震で被災したお城の復旧支援につながればと考え、販売1本当たり10円を支援金として寄付しています。今年は年間10万本の販売目標を掲げました。買っていただいたお客さまやおみやげにもらった方が、SNSにボトルを手にした写真を投稿されていています。南阿蘇村の天然水の豊かさを、さらに多くの人に知っていただければと思っています。
 

2021年9月に開設した
ハイコムウォーター大津物流センター

Data

概要

所 在 地

〒869-1411 阿蘇郡南阿蘇村河陰3032
【電話】0967(63)8156

設   立

2013(平成25)年2月

資本金

1,000万円

事業内容

ミネラルウォーター製造・販売(ウォーターサーバー用12Lペットボトル)、オリジナルペットボトル「あぴ~る水」製造・販売、Kumamoto Castle Water製造・販売

役   員

代表取締役会長/甲斐達也
代表取締役社長/甲斐文祥
取締役副社長/甲斐大童
常務取締役/岡田尚士
取締役/長野圭介

従業員数

41人(グループ計 約550人)

関連会社

(株)ハイコム、ハイコムモバイル(株)、ハイコムポスティング(株)、ハイコムライフクリエート(株)、ハイコムビジネスサポート(株)、グルービズ(株)、(株)アセプロ

ホームページ 

ハイコムグループ https://group.8156.jp/
ハイコムウォーター https://hicomwater.co.jp/
あぴ~る水 https://appealsui.com/
Kumamoto Castle Water  https://castle-water.jp/