HOME | トップインタビュー | 社会医療法人愛育会 福田病院

社会医療法人愛育会 福田病院

無痛分娩のより安全な体制構築へ

─コロナ禍が続いています。医療現場への影響も大きいのでは。

福田 女性の人生の大切な1ページである出産を輝かしいものにしようと取り組んでいます。コロナ禍で妊娠中のスポーツや立ち会い出産、レストランでの食事などができなくなったことは大変残念でした。人とのコミュニケーションが減り、妊産婦の皆さんはつらい思いをされたでしょう。感染が拡大した第7波では、突発的なケースに備えて独立した専用病床を6床準備。感染が判明し、熊本市民病院で出産した人がその後転院してきたこともありました。当院の個室でゆっくり過ごせて、とても喜ばれたと聞いています。感染対策を講じながら、昨秋からは立ち会い出産も再開しています。

─無痛分娩の状況はいかがですか。

福田 当院では昨年10月に347人の出産があり、そのうち99人が無痛分娩でした。アメリカでは出産の約9割が無痛分娩を採用していますが、日本では事故が多いというイメージが強く、無痛分娩がなかなか広がりませんでした。しかし「痛くないお産」を望む方は増えています。そこで約3年前に、熊本大学病院に産科麻酔学の寄付講座を開設。麻酔科医に無痛分娩について研究していただくとともに、産婦人科医には麻酔を習熟してもらっています。安全を担保する態勢づくりを進めています。

─特定妊婦への支援を続けておられますね。

福田 妊娠において「バイオ・サイコ・ソーシャル(医学的・心理的・社会的)」に支援が必要な人たちがいます。2009年の熊本市民病院附属産院の閉院後、当院は生活保護世帯などの方が安心して入院出産できるよう補助する助産制度対象施設となり、さまざまな課題を抱えた妊産婦を支える取り組みを始めました。社会福祉の観点から、特別養子縁組の認可医療機関にもなりました。院内に「母子サポートセンター」を設置し、現在は産前・産後母子支援事業や、母子保健・児童福祉一体的相談支援機関整備事業の一環として特定妊婦等支援臨時特例事業を推進しています。性と生命を考える出前授業や、中高生向けの無料相談なども続けており、さまざまな対象に向けた支援や啓発活動を行っています。

─今後の展望をお聞かせください。

福田 これまでもそうだったように、時代の求めに応じていきたいと考えています。女性の意識も変化しており、妊婦が求めるものに医学的検証した上で対応します。晩婚・晩産化が進む中、高齢出産や不妊治療へのサポートも充実させたいですね。
 

福田病院外観
理事長 福田 稠氏

無痛分娩のより安全な体制構築へ

─コロナ禍が続いています。医療現場への影響も大きいのでは。

福田 女性の人生の大切な1ページである出産を輝かしいものにしようと取り組んでいます。コロナ禍で妊娠中のスポーツや立ち会い出産、レストランでの食事などができなくなったことは大変残念でした。人とのコミュニケーションが減り、妊産婦の皆さんはつらい思いをされたでしょう。感染が拡大した第7波では、突発的なケースに備えて独立した専用病床を6床準備。感染が判明し、熊本市民病院で出産した人がその後転院してきたこともありました。当院の個室でゆっくり過ごせて、とても喜ばれたと聞いています。感染対策を講じながら、昨秋からは立ち会い出産も再開しています。

─無痛分娩の状況はいかがですか。

福田 当院では昨年10月に347人の出産があり、そのうち99人が無痛分娩でした。アメリカでは出産の約9割が無痛分娩を採用していますが、日本では事故が多いというイメージが強く、無痛分娩がなかなか広がりませんでした。しかし「痛くないお産」を望む方は増えています。そこで約3年前に、熊本大学病院に産科麻酔学の寄付講座を開設。麻酔科医に無痛分娩について研究していただくとともに、産婦人科医には麻酔を習熟してもらっています。安全を担保する態勢づくりを進めています。
 

理事長 福田 稠氏

 
─特定妊婦への支援を続けておられますね。

福田 妊娠において「バイオ・サイコ・ソーシャル(医学的・心理的・社会的)」に支援が必要な人たちがいます。2009年の熊本市民病院附属産院の閉院後、当院は生活保護世帯などの方が安心して入院出産できるよう補助する助産制度対象施設となり、さまざまな課題を抱えた妊産婦を支える取り組みを始めました。社会福祉の観点から、特別養子縁組の認可医療機関にもなりました。院内に「母子サポートセンター」を設置し、現在は産前・産後母子支援事業や、母子保健・児童福祉一体的相談支援機関整備事業の一環として特定妊婦等支援臨時特例事業を推進しています。性と生命を考える出前授業や、中高生向けの無料相談なども続けており、さまざまな対象に向けた支援や啓発活動を行っています。

─今後の展望をお聞かせください。

福田 これまでもそうだったように、時代の求めに応じていきたいと考えています。女性の意識も変化しており、妊婦が求めるものに医学的検証した上で対応します。晩婚・晩産化が進む中、高齢出産や不妊治療へのサポートも充実させたいですね。
 

福田病院外観

Data

概要

所 在 地

〒860-0004 熊本市中央区新町2丁目2-6
【電話】096(322)2995

設   立

明治40年5月

法 人 化 

昭和59年12月

役   員

理事長/福田 稠
病院長/河上祥一

従業員数

589人

関連施設

まつばせレディースクリニック

菊陽レディースクリニック

ソフィアレディースクリニック水道町

八代レディースクリニック

介護老人保健施設 孔子の里

介護老人福祉施設 泗水苑

ホームページ

https://www.fukuda-hp.or.jp/