HOME | トップインタビュー | 株式会社あつまる山鹿シルク

株式会社あつまる山鹿シルク

シルク産業通じ山鹿の発展に貢献

─シルクを使った化粧品を販売されています。

島田 あつまるホールディングスと協働でシルク事業に取り組んでいます。シルクは繊維だけではなく化粧品や医療用品、食品としても利用されており、当社では「やまがシルク」を使った「COKON LAB」というボディーケア商品を販売しています。シルクには人間が持つ18種類のアミノ酸が含まれており、アレルギー反応が起こりにくく、肌になじみやすい特長を持っています。昨年はコロナ禍で店頭販売は伸び悩みましたが、通販サイトでは前年より売り上げが増加しました。昨年8月、角質ケア用アイテム「シルクボール」を発売。これはカイコの繭そのもので、お湯に浸して肌をなぞるようにして利用します。以前ノベルティーとして配布したところ、お客さまから「商品化してほしい」という声を多く頂き発売することになりました。

─新商品の開発や他社とのコラボレーションに積極的に取り組まれています。

島田 桑の葉を使ったオーガニック茶を開発中です。無農薬・無化学肥料で桑を育成しており、有機食品の検査認証制度「有機JAS」を獲得しています。桑の葉はノンカフェインで食物繊維が豊富、健康にも良いとされており、協定を結んでいる熊本大とともに栄養価や効能について調査・研究している段階です。私も試飲しましたが、焙煎した桑茶は癖もなく紅茶のような飲み口、桑パウダーを水に溶かしたものは苦味が少なくフルーティーでした。今年中には商品化できるよう進めています。国の認証を得て進める緑色蛍光繭「光るシルク」の飼育については、安定的に生産できるようになりました。また、昨年7月には婚礼衣装店「TAKAMIBRIDAL」でやまがシルクの生糸を使った花嫁用の白無垢が3着限定で織られました。やまがシルクによる和装は初となります。京都の職人が手掛けた素晴らしい作品で、鶴が羽ばたく美しいデザインです。熊本市ではKKRホテル熊本で扱われています。
 
─「イノベーションネットアワード2021」を受賞されました。

島田 アワードの「全国イノベーション推進機関ネットワーク会長賞」を受賞しました。地域の資源や特性を生かして新産業、新事業を創出したプロジェクトに与えられる賞で、当社の地域発のシルク事業を評価していただきました。今後もシルクの可能性を追求し、山鹿から世界にシルクの魅力を発信していきたいですね。山鹿を“人を呼び込めるまち”にしようと協議会を設立する構想もあります。
 

やまがシルクを用いたオリジナルブランド 「COKON LAB(ココン・ラボ)」
代表取締役社長 島田 裕太氏

シルク産業通じ山鹿の発展に貢献

─シルクを使った化粧品を販売されています。

島田 あつまるホールディングスと協働でシルク事業に取り組んでいます。シルクは繊維だけではなく化粧品や医療用品、食品としても利用されており、当社では「やまがシルク」を使った「COKON LAB」というボディーケア商品を販売しています。シルクには人間が持つ18種類のアミノ酸が含まれており、アレルギー反応が起こりにくく、肌になじみやすい特長を持っています。昨年はコロナ禍で店頭販売は伸び悩みましたが、通販サイトでは前年より売り上げが増加しました。昨年8月、角質ケア用アイテム「シルクボール」を発売。これはカイコの繭そのもので、お湯に浸して肌をなぞるようにして利用します。以前ノベルティーとして配布したところ、お客さまから「商品化してほしい」という声を多く頂き発売することになりました。

─新商品の開発や他社とのコラボレーションに積極的に取り組まれています。

島田 桑の葉を使ったオーガニック茶を開発中です。無農薬・無化学肥料で桑を育成しており、有機食品の検査認証制度「有機JAS」を獲得しています。桑の葉はノンカフェインで食物繊維が豊富、健康にも良いとされており、協定を結んでいる熊本大とともに栄養価や効能について調査・研究している段階です。私も試飲しましたが、焙煎した桑茶は癖もなく紅茶のような飲み口、桑パウダーを水に溶かしたものは苦味が少なくフルーティーでした。今年中には商品化できるよう進めています。国の認証を得て進める緑色蛍光繭「光るシルク」の飼育については、安定的に生産できるようになりました。また、昨年7月には婚礼衣装店「TAKAMIBRIDAL」でやまがシルクの生糸を使った花嫁用の白無垢が3着限定で織られました。やまがシルクによる和装は初となります。京都の職人が手掛けた素晴らしい作品で、鶴が羽ばたく美しいデザインです。熊本市ではKKRホテル熊本で扱われています。
 

代表取締役社長 島田 裕太氏
 

─「イノベーションネットアワード2021」を受賞されました。

島田 アワードの「全国イノベーション推進機関ネットワーク会長賞」を受賞しました。地域の資源や特性を生かして新産業、新事業を創出したプロジェクトに与えられる賞で、当社の地域発のシルク事業を評価していただきました。今後もシルクの可能性を追求し、山鹿から世界にシルクの魅力を発信していきたいですね。山鹿を“人を呼び込めるまち”にしようと協議会を設立する構想もあります。
 

やまがシルクを用いたオリジナルブランド 「COKON LAB(ココン・ラボ)」

Data

概要

所 在 地

〒861-0602 山鹿市鹿北町芋生4041

設   立

2014年10月8日

資 本 金

5,250万円

事業内容

桑の栽培、「天空桑園」運営管理、カイコの飼料作製ほか

代   表

代表取締役社長/島田裕太

従業員数

28人(NSP山鹿工場含む)

関連会社

株式会社あつまるホールディングス

ホームページ

https://atsumaru-silk.jp