HOME | トップインタビュー | アデル・カーズ株式会社

アデル・カーズ株式会社

福利厚生充実とSDGs推進に注力

─輸入車ディーラーとして実績を積む一方、福利厚生の充実に注力しておられますね。

池永 昨年6月に創業35周年を迎え、経営理念に掲げた「強い会社」「憧れの会社」を目指すべく決意を新たに各部門や制度の刷新を進めています。中でも特に力を入れていることは良好な職場環境づくりです。それぞれの環境で存分に力を発揮してもらうために、ここ数年は福利厚生の充実を図ってきました。目指すのは「働き方の多様性に適応した、誰もが働きやすい環境づくり」。そこで、給与・手当の面だけでなく、年間休日、育休、健康維持、資格取得など多岐にわたる項目で制度を整備し、全社員の労働環境や処遇の向上に努めています。

─具体的な取り組みを挙げてください。

池永 育休ではこれまで、母親をサポートする「ママさん支援隊制度」を7人、父親向けの「イクメン応援制度」を8人が利用しています。年間休日111日は県内の自動車ディーラーでも上位クラスでしょう。健康維持の面でも一般健診や満40歳以上が対象の健康診断補助を充実させています。また、メカニックを目指す高卒の方には、入社と同時に専門学校に入学し、給料をもらいながら2年間研修を積んで国家2級整備士資格を取得してもらい、ワークショップに配属する独自の制度を設けています。

─取り組みについての周囲の評価はいかがですか。

池永 熊本市から安心して子育てと仕事を両立できる職場環境が整備された「子育て支援優良企業」、県からは働く人が生き生きと輝き、安心して働き続けられる「ブライト企業」の認定を受けています。昨年3月には「子育てに配慮した取り組み」や「男性社員の育児休暇取得促進」などが評価され、県の「KUMAMOTOよかボスAWARDS2021」を受賞しました。また、就職した若者の奨学金返還などを支援する県の「くま活サポート企業」には2020年度から継続して認定されています。

─働き方の多様性、働きやすい環境づくりの追求はSDGsの活動にも通じているようですね。

池永 2030年の達成に向けSDGs宣言を行い、県の「SDGs事業者」にも登録されました。熊本市などとの協力で実施した子供服のリユースプロジェクトもその一環です。今後は、顧客満足度の高い「環境・社会に配慮した事業活動」、女性活躍だけでなく、外国人、高齢者などの多様な人材の活躍により、経営上の成果を上げる「ダイバーシティ経営の実践」、「持続可能な地域社会づくりへの貢献」の3つを重点的に取り組んでいきます。

ポルシェセンター熊本
代表取締役社長 池永 成正氏

福利厚生充実とSDGs推進に注力

─輸入車ディーラーとして実績を積む一方、福利厚生の充実に注力しておられますね。

池永 昨年6月に創業35周年を迎え、経営理念に掲げた「強い会社」「憧れの会社」を目指すべく決意を新たに各部門や制度の刷新を進めています。中でも特に力を入れていることは良好な職場環境づくりです。それぞれの環境で存分に力を発揮してもらうために、ここ数年は福利厚生の充実を図ってきました。目指すのは「働き方の多様性に適応した、誰もが働きやすい環境づくり」。そこで、給与・手当の面だけでなく、年間休日、育休、健康維持、資格取得など多岐にわたる項目で制度を整備し、全社員の労働環境や処遇の向上に努めています。

─具体的な取り組みを挙げてください。

池永 育休ではこれまで、母親をサポートする「ママさん支援隊制度」を7人、父親向けの「イクメン応援制度」を8人が利用しています。年間休日111日は県内の自動車ディーラーでも上位クラスでしょう。健康維持の面でも一般健診や満40歳以上が対象の健康診断補助を充実させています。また、メカニックを目指す高卒の方には、入社と同時に専門学校に入学し、給料をもらいながら2年間研修を積んで国家2級整備士資格を取得してもらい、ワークショップに配属する独自の制度を設けています。
 

代表取締役社長 池永 成正氏
 

─取り組みについての周囲の評価はいかがですか。

池永 熊本市から安心して子育てと仕事を両立できる職場環境が整備された「子育て支援優良企業」、県からは働く人が生き生きと輝き、安心して働き続けられる「ブライト企業」の認定を受けています。昨年3月には「子育てに配慮した取り組み」や「男性社員の育児休暇取得促進」などが評価され、県の「KUMAMOTOよかボスAWARDS2021」を受賞しました。また、就職した若者の奨学金返還などを支援する県の「くま活サポート企業」には2020年度から継続して認定されています。

─働き方の多様性、働きやすい環境づくりの追求はSDGsの活動にも通じているようですね。

池永 2030年の達成に向けSDGs宣言を行い、県の「SDGs事業者」にも登録されました。熊本市などとの協力で実施した子供服のリユースプロジェクトもその一環です。今後は、顧客満足度の高い「環境・社会に配慮した事業活動」、女性活躍だけでなく、外国人、高齢者などの多様な人材の活躍により、経営上の成果を上げる「ダイバーシティ経営の実践」、「持続可能な地域社会づくりへの貢献」の3つを重点的に取り組んでいきます。

 
ポルシェセンター熊本

Data

概要

所 在 地

〒861-4101 熊本市南区近見6丁目22-70
【電話】096(312)8888

事業内容

ポルシェ、プジョー、シトロエンの販売・整備、損害保険代理業

設   立

昭和62年6月(創業 昭和35年)

資 本 金

4,000万円(グループ計9,000万円)

役   員

代表取締役社長/池永成正(ほか役員3人)

店   舗

ポルシェセンター熊本、プジョー熊本、シトロエン熊本

関連会社

(株)池永興産

ホームページ

https://www.adelcars.co.jp/